寺子屋式記事設計の仕方




どうもアクセルです。

 

サイト設計ができたら記事設計になります。

記事設計は、Googleドキュメント使っています。

今回はトップページの記事設計についてお話します。

スポンサーリンク




サイト設計のおさらい

サイト設計はこんな感じです。

今回はトップページで狙うワードを「〇〇サプリ 〇〇」にしました。

このワードはサジェストで多そうなワードを選びます。

 

サプリジャンルの場合はミニサイトで2語は狙えます。

場合はよっては1語(ビッグキーワード)も可能ですが、初心者は判断が難しいので2語を狙うのが良いと思います。

寺子屋式サイト設計の仕方
どうもアクセルです。 最近はサイト設計について質問される機会が多いので、自分なりの考えを書いておこうと思います。 サイト設計をする理由は主に2つです。 SEO対策とサイト修正のためです。 SEO対策のため

 

記事設計はサイト設計をもとに作る

上の表のままだと記事が書きにくいので、下の図のようにします。

サジェストだけでは記事が書けない

上の図のようにサジェストだけだと記事がかけません。

リサーチをしていれば、書くことはいくらでもあるのですが、リサーチしていないアフィリエイターはここで手がとまります。

 

サジェストだけでは、みんなが同じサイトになってしまうので、リサーチして得た情報などをもとにコンテンツの差別化を図っていきます。

H3やH4は、サジェストにないワードもどんどん追加していきます。

サジェスト以外のキーワードを使ったサイト設計と記事設計をする方法
どうもアクセルです。 こちらの記事で、サジェストワードだけでコンテンツを作るのは限界があり、検索意図と違ったコンテンツを作ってしまう可能性があることを書きました。 こちらにあるような3語のコンテンツ(例:安い

 

Googleドキュメントで記事設計をする

 

 

まとめ

サイト設計は同じでも、いかにサジェスト以外のワードで上位表示必要なものを探して来ることが重要です。

基本的には、サイト設計をそのままを反映させるのですが、オリジナル性をいかに盛り込むかでGoogleの評価はかわってきます。

 

検索意図に沿ったコンテンツとオリジナルコンテンツのどちら1つが大事ということではなく、両方が必要だと思います。

ただし、いくらオリジナルコンテンツと言ってもリンク獲得のバズ狙いの面白コンテンツではなく、あくまでユーザー目線で考えたオリジナルコンテンツということを常に意識しましょう。

     

コメント