セミナーとコンサルの違い

日記

どうもアクセルです。

最近、企業のサイトの集客コンサルをはじめました。

そこで、コンサルとセミナーとの違いってなんだろうと考えてみました。

セミナーは参加者全員が同じゴール


セミナーというのは、参加者全員が1つのゴールに向かっていくものであって、そのためにセミナー講師はもちろん参加者全員が協力することだと気づきました。

また、1つのゴールを定めるからこそ、無料であったり、低価格でセミナーというものはすることができます。

先日のサプリセミナーでは、「セミナーの内容に関係ないことは質問しないでほしい」と言ったからこそ、あれだけの質問が飛び出してきたのだと思います。

つまり、参加者全員が同じ方向を向いているからこそ、細かい内容の確認や内容に関連した疑問についての理解が質問によって深まったということだと思います。

質問が参加者の理解を深める・・・ホント理想だと思います。

 

自分で言うのもアレなんですけど、あんなに多くの人がたくさん質問をしてきたセミナーは見たことがありません。

もちろん、それは自分の手柄ではなく、参加者のおかげです。

本当に感謝しています。

サプリセミナーダイジェスト!100人の前でセミナー講師をやってきましたよっと
3月2日に、ASPさん主催のセミナーをやってきました。 無料セミナーだったのかもしれませんが、2分で270名をこえる方が応募していただいたそうです。 本当に感謝しています。 サイト公開以外は、基本的に普段、無料でやっている

4月、5月とアフィリエイトのセミナーが1件ずつ決まっていますが、セミナー中の質問は、有料であってもセミナー以外の質問は受け付けないという事にしたいと思います。

 

かつては、自分も「有料セミナーなら何でも答える!」とサービス精神のつもりで言っていました。

しかし、実際は、多くの参加者を置いてけぼりにするセミナー講師として失格なことをしていたと反省しました。

ご理解いただけると嬉しいです。

 

ただし、懇親会では、コンサルレベルにならない程度に質問は受け付けたいと思っています。

楽しく飲んでいるときにそれはお話できないですというのもなんか違うと思いますのでw

どんな中古を買ったらいいぐらいのかぐらいのざっくりとした質問ぐらいなら全然言えます。

 

コンサルはゴールが自由に設定できる

一方コンサルでは、それなりの金額をいただきますが、個人レッスンです。

その人のペースにこちらが合わせます。

もちろん、アフィリやネット集客に関する質問に制限は一切ありません

 

実際に稼いでいる寺子屋式で作ったサイトや大規模サイトも公開します。

 

 

3か月で学びきりたい人もいるでしょうし、6か月でじっくり学びたい人もいるかと思います。

そこは人それだと思うので、こちらとしては、契約期間の延長も含めて何も言いません。

 

また、会社のキャパを考えると10名以上は無理だと思っています。

 

サイト診断

サイト診断をしてほしいという依頼があるのですが、これは懇親会であってもお断りしています。

 

アフィリ歴もそれなりに長く、セミナー経験も30回をこえているのでぱっとみてわかる修正ポイントが見つからないわけではありません。

しかし、それは成約率をあげるレベルの範囲です。

その人が真剣にアフィリに取り組んでライバルサイトを研究し尽くせば到達できたレベルの話かもしれません。

 

本当のサイト診断はサイト全体を見渡し、十分な時間をかけて現状把握をする必要があります

 

サイト修正

サイト修正についても懇親会でもお断りしています。

ノウハウを言いたくないのではなく、懇親会では時間的に無理です。

 

現在は、サイト設計ありきでサイト修正をしています

サイト設計が間違っている状態では、まずはそれを正しくすることが先だと思っています。

実際、過去のサイトをサイト設計しなおしただけで順位があがったことも少なくありません。

 

サイト修正にはある程度のルールがありますが、結局は狙うキーワードによって何をすべきかが変わってきます。

特にすでにアクセスがあるサイトに関しては、現状把握とそれに対するリサーチが膨大になってきます。

でも、それが終われば、ほぼ確実に上位表示は狙えることもわかってきました。

すでに上がっているサイトの修正は、1か月間はリサーチで終わる可能性を理解してくれる方のみ有料で引き受けています。

 

やはり、寺子屋式を1から学んでもらった方が早いなあというのが今の印象です。

 

被リンク

自演リンクについては、アンカーのばらし方、タイミング、どのページに貼るなどのルールがあります。

それについては、ライバルサイトのリサーチや狙っているワードによって変わります。

リンク100本うえーい!みたいな昔と違って10本~30本程度で十分効果を感じますので、逆にいい加減にできない感じです。

 

この被リンク対策についてもサイト設計ありきで考えています。

被リンクを張りたいページがあってもそれがそのサイトに存在していなければ張りようがありません。

サイト設計通りにサイトを作っていれば、そんなことは起きることはないのですが。

 

また、被リンクは効果があることは間違いないですが、効果を感じるのはサイト設計がしっかりしていて、記事の質もある程度あるサイトだけです。

 

まとめ

いずれにしても今後は、ますますサイト設計ありきでサイトを作っていく必要があるのだと思います。

被リンクに頼っても上がらないサイトは上がりません。

ただし、上位媒体にはあきらかにサイト設計をしていないのに上がっているサイトもあるので、あくまで寺子屋式のやり方ということでご容赦ください。

     

コメント

  1. 清久秀樹 より:

    始めまして、ブログ拝見してコンサルとセミナーについて書かれていました。
    まだ私はブログ始めたばかりなので、セミナーに参加して行こうと思います。
    色々、参考にしていきたいと思います。

    • アクセル より:

      ありがとうございます。
      次回のASP主催のセミナーは未定ですが、決まりましたら、このブログで告知させていただきます。
      今後ともよろしくお願いします。