寺子屋式で1記事を完成するまでにやる作業




どうもアクセルです。

アフィリエイトで重要なのものの1つに優先順位があると個人的に思っていますので、寺子屋式で1記事を完成させるための作業内容をまとめてみました。

寺子屋でもおおよそこのような順番で教えています。

 

 

スポンサーリンク




サイト設計

トップページ、個別ページのどちらでも重要なことは、メインワードを決定することです。

ライバルが多いワードだとなかなか上位表示できないし、逆に簡単に上位表示できるワードは全く稼げなかったりします。

このあたりはアフィリの経験値やSEOのスキルによるところが多いですが。

 

とりあえず、メインキーワードでサジェストツールを使ってエックスマインドでサイト設計をします。

物販なら5つのグループ(ペルソナ)に分けることができますので、ペルソナを考える時間が大きく短縮できます。

寺子屋式サイト設計の仕方
どうもアクセルです。 最近はサイト設計について質問される機会が多いので、自分なりの考えを書いておこうと思います。 サイト設計をする理由は主に2つです。 SEO対策とサイト修正のためです。 SEO対策のため

 

 

リサーチ(美容、健康系の場合)

比較

・料金比較

・成分比較

寺子屋式リサーチの仕方
どうもアクセルです。 アフィリエイトのリサーチってどんなことをやるんですか?って質問が多いので、書いてみます。 商品(広告)のリサーチ ジャンルを決めたらまずやることが商品のリサーチだと思います。 当然ですが

SEO

・検索意図

キーワードの検索意図を調べる方法
どうもアクセルです。 サイト作りをする上でヒントになるのが、サジェストキーワードです。 このサジェストキーワードの検索意図を間違えると、ユーザーは離脱し、報酬があがりません。 自分の知りたい情報ではないから当然ですよね。

コンテンツのヒント

・狙っているワードで上位媒体で狙っている案件

・成分リサーチ

・用語集

寺子屋式LPの要約
サイトの骨組み(LPの要約をする)の手順 1 ユーザー像を絞る(年齢・性別・生活背景など) 目的・・・共感するため。共感する事で、結果としてユーザーはサイトに信頼性を持つことが出来る。 2 ユーザーが求める結果を想定する

 

 

記事設計

サジェスト以外の上位表示に必要なキーワード調査が記事設計では重要な役割になります。

この作業を通して、よりSEOに強いサイトが作れ、さらにライバルサイトと差別化ができます。

 

その他にもHタグの設定と結論をセットで考えると後で記事を書くのが非常に楽になります。

タイトルタグ、Hタグ以外にもメタタグの設定やファーストビューのバナーの企画もあわせて行っています。

寺子屋式記事設計の仕方
どうもアクセルです。 サイト設計ができたら記事設計になります。 記事設計は、Googleドキュメント使っています。 今回はトップページの記事設計についてお話します。 サイト設計のおさらい サイト設計はこ

 

 

コンテンツ作成

記事設計をもとにコンテンツ作成をしていきます。

記事設計通りに作っていくことが基本ですが、リサーチが進んでいく上で多少の変更するのは全く問題ありません。

美容や健康系の場合は、成分がメインコンテンツになるので、比較的早くライティングが進むはずです。

 

設計とリサーチがしっかりしていれば、コンテンツ作成は外注ライターさんに任せることも可能です。

準備の時点で、検索エンジンに評価され、ユーザーに支持されるサイト作りというのは決まっていると言っても過言ではありません。

 

 

まとめ

作業を因数分解してサイト作りをする事が大事です。

リサーチに終わりはないので、作業と並行してどんどん追加していってください。

 

1、狙うキーワードの設定

2、サイト設計

3、リサーチ

4、記事設計

5、コンテンツ作成

 

 

また、寺子屋コンサルのキモはサイト修正なので、記事の完成はスタート地点に立てたというぐらいに考えておいてください。

また、リンクコントロールの話も寺子屋コンサルのみでブログやセミナーではお話ししません。

     

コメント