武漢ウイルス(通称コロナウイルス)で変わった我が家の事

どうもアクセルです。

3月からの学校や保育の休校でいろいろと変化があったアクセル家の実情についてツイッターを見ながら振り返ってみたいと思います。

 

弊社の事

まずは、弊社のことで恐縮ですが、もともとオンラインで全てを解決していたので特に変化はありません。

事務所は借りずに自宅を建てる時に12帖ほどの仕事場があるので、外出自粛中も変わらずアフィリサイトを作ったり、記事を修正したりしていました。

 

また、SEOコンサル業務もスカイプやチャットワークで完結していたので全く変化なし。

売り上げもおかげさまで大きくは下がる事はありませんでした。

寺子屋10期も無事終わることができました。

 

 

妻との関係性は全く変わっていません。

コロナ離婚とかがYahoo!ニュースになっていましたが、我が家はかわらず良い距離を保ちながら、お互いを尊重しながら5月9日に結婚17年目をスタートさせてました。

 

もともと妻とは合わない事が多く、「まあ、そういう考え方もあるよね」で結婚したので、今さら性格の不一致が起きたところで特になんともありません。

外出期間中は外食をせず、おいしい手料理を作ってくれました。

ありがとう。

 

そして、なぜか突然、キャンプをすると言い出しました。

突然、何かを言い出すのはいつもの事なので、何も驚きませんが、虫嫌いの妻が良く決断したのだと思っているところです。

ツイッターの画像は、テントを衝動買いして初めて二人で設置した日です。

 

 

長女

長女は、現在特別支援学校の中学2年生。

好きな食べ物はラーメン。

小さい時は、ほんと手がかかる子で、夫婦で毎日泣いていました。

 

でも、今は、できることが増えました。

日常的に暮らしていくにはほぼなんでも一人でできます。

それで少しだけ安心できるようになったのかもしれません。

 

でも、心は小さなころのまま。

人を疑う事をしませんし、誰かを攻撃したり、いじるという発想すらありません。

本当に清い心の持ち主。

それがたとえ、ハンデによるものだとしても夫婦の癒しであることは間違いありません。

 

休校中もたっぷり癒されました。感謝

長女は5歳の中学生
どうもアクセルです。 ちょっと今日のブログは重くなる内容かもしれないので、暗い話が嫌な人は今すぐページを閉じてください。 なんでこんなエントリーをしたかというと先日、筋肉社長さんが経営しているジムとコワーキングスペースと

 

長男

反抗期なのかなかなか難しいお年頃です。

 

4年生までは担任の先生の話をほとんどしなかったのに、今は毎日のように先生の話をします。

女性のベテラン?の先生のようで、釣りを毎週のようにしているようです。

さっそく釣り堀で釣りデビュー。

長期休暇中は、今までのやり残しの学習のチャンスだと思い、ゲーム時間を増やす代わりにかなりの時間を勉強させました。

書き取りは5年の漢字もやっていたので、5年の漢字はほとんどマスターしました。

緊急事態宣言明けの家庭による教育格差はかなりあるだろうと思い、自分も仕事時間を減らしてでも長男の勉強に付き合いました。

 

次男

外出自粛中に別の保育園に転園しました。

年少の年齢になりましたが、入園式はありませんでした。

区切りがなくなんとなく始まってしまった保育園。

物欲がとまりません。

家を買って良かったなあと思ったことが多いコロナ自粛でした。

 

まとめ

外出自粛のおかげで静岡県はほぼコロナ感染不安がなくなりました。

安心してはダメですけど、正直ほっとしています。

 

 

自分はというと週1~2回義務のように飲みに行っていたのですが、緊急事態宣言解除後もあまり飲みに行かなくなりました。

月に1回~2回になりそうです。

 

今後もゆるーくアフィリエイトを続けながら、必要としてくれる人がいれば、SEOコンサルも続けていきたいなあと思っています。

組織化もしていないし、固定費ないし、気楽にツイッターライフを楽しみます。

     
【無料】寺子屋メルマガ登録フォーム

寺子屋メルマガに登録した方には、寺子屋式ミニサイトの失敗例を大公開します。メルマガ登録するだけですぐに見ることができます。



*お名前(英語名は不可)
*メールアドレス

【無料】サイト作成メールセミナー

 
寺子屋日記
法人9期目のCEO。夫婦で専業アフィリエイターをしながら、15年間続けているSEOアフィリエイトの手法を惜しげもなく教える「寺子屋式アフィリ」の先生です。寺子屋生は100名を突破!!最新のSEOアフィリ情報はメルマガで無料配信中→登録はコチラ
アクセルをフォローする
アクセルをフォローする
寺子屋SEOブログ

コメント