初心者キャンパーがキャンプグッズを雑に紹介していきます。

どうもアクセルです。

コロナ禍で何か新しいことをを始めたくてテントを買いました。

偶然にも自分の周りにはキャンプの先輩が数名いたので、がっつり相談して始められたのがよかったです。

 

こちらのキャンプブログも良く参考にしています。

CAMPERS
キャンプ初心者や、これからキャンプを始めようとしている人達に役立つ情報をお届けするブログです。おすすめのキャンプ商品のレビューやキャンプを楽しく快適に過ごせるノウハウを主に紹介しています。

何度見たかわからないぐらいです。

(実際に何点か購入させていただきました)

テント

アクセル家は5人家族です。

子供は中学生、小学5年生、4歳。・

なので、ある程度大きなファミリータイプのテントにしました。

 

コールマンのタフスクリーン2ルームハウス+です。

このテントは、その名の通り、2部屋あり奥のテントは2重(暗室)になっていてかなり暗くなります。

明るいと寝れない人にはかなりありがたいです。

大人なら3名は悠々と寝ることができます。

 

手前の部屋には2名寝ることができるようにしました。

地面にコットーを2つおいて普段は長椅子として使って夜はベッドとして使っています。

こちらもコールマンにしました。

 

普段は手前の部屋ではご飯を食べたり、お茶をするスペースとして使います。

場合によっては、料理をすることもあります。

ペグ

付属のプラスチックのペグは弱いので、さっそく金属のペグに交換しました。

ここはお金をかけてでも便利さと強さを手に入れたほうが良いです。

専用のペグ打ちとペグをしまう布製の服もあると便利です。

 

寝具

奥の部屋の暗室は、地面にグランドマットを引いて、その上にインフレーターマットを引いています。

その上に寝袋で寝るのでよっぽど地面がぼこぼこしていたり、傾斜が強くなければかなり快適にねることができます。

一人1つずつ必要になります。

例えば、5人家族ならインフレーターマット5つ、寝袋5つです。

 

インフレーターマット

インフレーターマットとは、地面と寝袋の間にひくクッションのようなものです。

空気は自動で入る特殊な構造なので、空気入れが不要です。

(収納時の空気を抜く作業は、慣れるまで結構時間かかります。)

 

暗室の方は、地面に直接寝るのでインフレーターマットは5ミリではなく10ミリがおすすめです。

10ミリあるとかなり寝心地がよくなります。

腰が弱い人は10ミリ必須。

 

手前側の部屋のコットーの上にひくインフレーターマットは5ミリで十分です。

というか10ミリを置くと滑って落ちます。

 

寝袋

寝袋もコールマンで統一しました。

 

コットー

寝るときは、ベッド代わりに使っています。

降りたたみができます。

 

寝具まとめ

寝具はそれなりに良いものを買った方が良いです。

腰痛の人とかは、寝具が悪いだけでキャンプに行きたくなることもありそうです。

 

家具

とりあえず、人数分のイスとテーブルがあれば良いと思います。

ご飯を作る場所と食べる場所も料理によっては同じで良いかと思います。

折り畳み式のイス

イスはコールマンの折りたたみイスです。

リゾートチェアという名前です。

ひじ掛けにペットボトルなどを入れることができます。

両側で2か所あります。

色は何種類かあるので、お好きな色を選んでください。

テーブル

以前使っていたものが古くなってガタついてきたので、下のものに買い替えました。

5人家族となるとそれなりの大きさが必要ですね。

高さが2段階になるのが魅力です。

強度も十分で、見た目より軽量です。

 

家具まとめ

コットーと折りたたみイスを場面に応じて使い分けをすると良いと思います。

キャンプ用の家具は折りたたみができるのでかなりコンパクトになりますので、持ち運びはかなり良いです。

 

調理器具

ツーバナー式も憧れましたが、我が家はシングルバーナー2つです。

2つあると1つで料理しながらもう1つでお湯を沸かすことができるので便利です。

上記のタイプは、ボンベと熱源が離れているので安全で、また熱源が真ん中が開いているので熱が中心部だけになることなく、鍋や鉄板がわりと均等にあたたまるのでおすすめです。

キャンプ上級者は焚火で料理をしますが、火おこしや火の調整は慣れるまで大変なので、自分のような初心者ガスが良いと思います。

 

メスティン

ごはんも炊けますし、料理もできる便利なものです。

うちは家族が多いのラージメスティンを2つ使っています。

アルミ製なので熱伝導率が良いです。

つかうまえにシーズニングという処理が必要です。

ちょっとめんどうですが、金属くささをとったり、具材がくっつきにくくなる作業です。

本来はつかっていくうちにできますが、初回はそのような状態でないため、米のとぎ汁でぐつぐつと煮る必要があります。

やかん

ロゴスの折り畳み式のやかんをかいました。

直火OKなのがうれしいです。

 

照明器具

ランタンは3つほど買ってみました。

明るさと大きさが違うだけです。

安全なLED製。

特に使い分けていませんw

 

床置きかかテーブル置き以外にほしい場所が必ず出てきますので、ランタンスタンドは必須です。

香取線香なども吊り下げられるので便利です。

もちろん折り畳み式で収納するのにも良いです。

 

まとめ

上のツイッターは購入した翌日にテント設営の練習を公園でしたものです。

テントを購入してから約3か月、最初はデイキャンプから初めて、実家で1泊まで経験しました。

いよいよ次はオートキャンプ場デビューです。(いろいろあってまだしてなかった・汗)

 

キャンプ上級者からしたら当たり前のことしか書いていないと思いますが、備忘録的に書いてみました。

最低限、キャンプ泊をするためには必要なものを雑に紹介してみました。

 

コロナ禍で普段はゲームとユーチューブばかりのアクセル家の子供たちですが、自然に触れあいながら、できることは少しずつ手伝いもしていく経験ができています。

テント設営を含めてまだ戸惑うことも多いのですが、失敗も含めてキャンプ生活を楽しんでいこうと思っています。

     
ジャンル選びとキーワードの選び方を無料でプレゼント


フォームに登録した方には、ジャンル選びとキーワードの選び方についての無料レポート(PDF)がもらえます。

登録したメールアドレスに届いたメールの指示に従ってダウンロードしてください。

(特典だけ見て、すぐにメルマガを解除してもかまいません。)



*お名前(英語名は不可)
*メールアドレス

 
寺子屋日記
法人9期目のCEO。夫婦で専業アフィリエイターをしながら、15年間続けているSEOアフィリエイトの手法を惜しげもなく教える「寺子屋式アフィリ」の先生です。寺子屋生は100名を突破!!最新のSEOアフィリ情報はメルマガで無料配信中→登録はコチラ
アクセルをフォローする
アクセルをフォローする
寺子屋SEOブログ

コメント