自分が体験した前提で再現性がある塾的なものやアフィリコンサル




どうもアクセルです。

 

自分は、今までに情報商材とアフィリ塾にはおそらく300万以上使ってきたノウハウコレクターです。

noteもまあまあ買っていますw

ちなみにマンツーマンのコンサルは受けたことがありません。

あくまで塾形式のみです。

 

1円でも稼げたという前提で、今のアフィリエイト塾とかコンサルについて思ったことをまとめてみます。

実際の塾の名前やコンサルをやっている人の名前をあげるといろいろ問題がありそうなので、あくまで個人的な感想です。

大事なことは再現性であって、簡単か難しいかどうかではありません。

つまり言語化できるかどうか?マニュアル化できるかどうか。

 

異論や反論はあるかと思いますが、ポジティブな意見としてお話ししてみます。

 

 

スポンサーリンク




トレンドアフィリコンサル

トレンドアフィリ=芸能人の熱愛、離婚などのゴシップネタを思い浮かべる人も多いと思います。

人の不幸でアフィリで稼いでいる人たちなので、嫌悪感を持つ人も多いと思います。

実際にそれをやっている人もいますので、仕方がない部分もありますが、最近、稼いでいるトレンドアフィリをやっている人は違います。

あくまで、トレンド=まだ手垢がついていないキーワードでの集客という事になります。

 

トレンドのキーワードは、属性を絞ることはできないので、クリック系のアフィリエイトがメインになるかと思います。

大量のアクセスは、ドメインを育てることに有効だと思うので、これを繰り返していけば、ドメインが育ち、いわゆる成約するワードでも偶然上位表示できることもあるかと思います。

そうなってくれば、アフィリエイト報酬もゲット可能です。

huluやネットフリックス系のアフィリで稼いでいる人もいます。

 

いずれにしてもキーワード選びがぴったりはまれば、一番初報酬が早い手法だと思います。

記事も成約を狙うわけではないので、そこまでの質は問われないと思います。

外注化も容易に可能です。

 

 

テールアドセンスコンサル

トレンドと若干被る部分もありますが、トレンドの欠点の一時的なアクセスしか生まないというものをカバーした形になります。

一般的に、アフィリエイターは、広告がないジャンルや成約しないワードは狙いません。

PVは稼げるけど、成約しないワードはあまり力を入れません。

 

一方、アドセンスはPV=報酬になりますので、アフィリエイターが狙わないワードを逆に狙います。

また、トレンドアフィリ同様、アクセス数が増えるとドメインパワーがあがって、アフィリエイトで成約するようなワードでの上位表示も可能です。

また、アフィリエイターが狙わないワードは、ナチュラルリンクが獲得しやすいと思っています。

 

アドセンスで稼ぐのもキーワード選びがとても重要だと思います。

また、アドセンスはジャンルによって単価が大きく違うので、やはりキーワード選びが重要です。

 

成約を狙わないので、外注化はしやすい反面、1アクセスあたりの報酬は少ないので、ある程度のページ数が必要になってくるのが一般的です。

 

 

PPCアフィリコンサル

キーワード連動広告とディスプレイ広告というものがあります。

昔は、キーワード連動広告がメインだったのですが、今はディスプレイ広告もあって、いろいろな戦略が取れます。

実際、知り合いにもPPCアフィリ1本でやっている人がいるので、稼げないわけではないのですが、広告審査が昔と比べてかなり厳しくなってきたので、自分は、ほそぼそとやっています。

 

特にキーワード連動型広告は、SEOと違って、お金させ払えば、誰でも検索1位をとることができます。

再現性があるのは間違いないのですが、広告費の先行投資が結構な金額になるので、その資金がない人は難しいです。

もちろん、やり方によっては、大赤字になることもあるので、キーワード選びは超重要です。

 

現状、弊社では、たまに管理画面にログインしてマーケティングツールとして活用しています。

大きな収益になるような新しい広告出稿はしてませんが、また時間があれば再開したいと思っています。

 

リアルビジネスに比べて、利益率が低いうえに広告審査で不利な戦いをしているのに稼ぎ続けているPPCアフィリエイターはリスペクトしかありません。

 

 

 

FB広告アフィリコンサル

フェイスブック広告を使ったアフィリエイトです。

FB広告のペルソナ把握がかなり優秀だと思います。

 

FBに登録する際の情報や行動などから最適な場所に広告をほぼ自動で出してくれます。

また、不要だと思った場所には露出を減らしてくれます。

スタート時には、初期投資としての広告費はかかりますが、いったん良い循環になりだすと半自動で黒字化できます。

 

ただ、あまり詳しく書きませんが、むちゃな広告を出している人もいるので、広告審査は今後はきびしくなっていくと思います。

せっかくマネタイズしやすい仕組みなのに、アフィリエイターが自ら稼ぎにくくしてしまうのは本当に残念でなりません。

 

また、広告出稿するLPもちょっと従来のいわゆるサイトアフィリとは変える必要があるので、自分はメインでは使っていません。

FB向きのライティングが得意な人にはぴったりだと思います。

 

ただ、間違いなくFB広告で稼いでいるアフィリエイターは、多数いますので、再現性は高いと思います。

 

 

SEOアフィリコンサル

いわゆる一般的なサイトアフィリの事です。

アドセンスと違うのは、PV数ではなく狙ったワードで上位表示するというが大事です。

ビッグキーワードを狙う必要はありませんが、ある程度は激戦区のワードを狙わないと大きくは稼げるようになりません。

 

また、時代とともにGoogleの変動も大きく収益に関係するので、SEOは極めることはほとんど無理だと思います。

とくに外部SEOはトレンド性が高いです。

とは言っても、内的SEOは、検索エンジンの癖をつかめば、変動が起きても対応可能です。

ペナルティをうけなけば、リカバリーもできます。

 

今は、Amazonや楽天がとても強い状況ですので、キーワード選びは本当に大事です。

昔よりジャンル選び、キーワード選びに時間をかける必要があります。

リサーチが正解での上のSEOです。

SEOは目的ではなく、あくまで手段です。

 

弊社が寺子屋アフィリエイトコンサルでやっているのは、再現性の高いSEOアフィリです。

 

 

まとめ

自分が実際に情報商材や塾で学んだ結果、1円でも稼げた方法を体験ベースで紹介してみました。

どの手法も再現性があるので、マニュアルがしっかりしてれば、間違いなく稼げるようになると思います。

 

また、それぞれにメリット、デメリットがあるので、自分にあった方法を選べばいいのかなあと思います。

これらの5つは手法は、それぞれコンサルや塾をやっている人がいると思うので、これだ!って思うところにアタックしてみると良いと思います。

 

     

コメント