同じキーワードでコンテンツを作っても重複コンテンツにならない理由




どうもアクセルです。

寺子屋式を教えていると「同じキーワードで記事を何記事も書くと重複にならないでしょうか?」という質問を何度も受けたことがあります。

計測しているわけではありませんが、おそらく一番多い質問かもしれません。

「リサーチ次第で重複にならない」が答えです。

 

また、今のGoogleは、ページ同士の関連性を重視していると言われています。

そのページに関連するアンカーテキストから内部リンクを辿ることによって、サイト内にそのアンカーテキストに関連したページが存在することをユーザー、またはクローラーに認識させることができるというメリットも考えられます。

コンテンツ内の関連ワードからの内部リンクは、クローラーがリンク先の内容を把握しやすくなるため、内部対策として効果的と言えます。

引用元:https://seopack.jp/internal-seo/internal-links/relevant-page-internal-link.php

超個人的な意見ですが、被リンクは、関連性よりオーソリティーの方が優先されているように思います。

この事から、いかにサイト設計の時に関連性が高いページだけで構成するかが重要だと考えています。

 

 

スポンサーリンク




寺子屋式アフィリエイトトップページの構成

寺子屋式アフィリエイトの個別ページ1の構成

トップーページを元にさらに深堀したコンテンツを作っていきます。

同様にペルソナ2~5のキーワードを使って個別ページを作っていきます。

個別ページはトップページでH2だったキーワードを狙うワード(タイトルタグやH1などに設定)にしています。

 

 

寺子屋式ミニサイトの全体像

また、ミニサイトの場合は、カテゴリを作らないのでトップページと個別ページが直接つながっている状態です。

そして、トップページと全ての個別ページが関連性が高いページという構成です。

このことから個別ページ同士も関連性が高いので個別ページ同士が内部リンクしあってさらにSEO的に強いサイトになると考えています。

 

 

まとめ

トップページはいろいろな情報をまんべんなく求めているユーザーに対して、個別ページは1つのペルソナ(ユーザーニーズ)に特化したユーザーなので当然内容が変わってきます。

だから重複コンテンツになりません。

 

例えば商品名(サービス名)キーワードの場合はトップページで、他の商品(サービス)と比較して良いor悪いを知りたいユーザーを想定していますが、個別ページは商品(サービス)そのもの口コミや評判を知りたいユーザーだと想定しています。

つまりトップページはそのジャンルの商品の選び方を知りたいユーザーで、個別ページは、1つの商品を選んだユーザーが最終決定(買うor買わない)をしているユーザーです。

キーワードが同じでもペルソナが違うのだから、書く内容(コンテンツ)が違ってくるので重複コンテンツにならないと思います。

 

もし、同じ内容になってしまうならリサーチ不足だと思います。

     

コメント