SEOコーチになった理由

どうもアクセルです。

以前のアクセルはSEOコンサルと名乗っていました。

でも、今はSEOコーチと名乗っています。

 

その理由はコンサルというのはあくまで相談業だからです。

相談業というのは困ったときだけ頼るという事です。

弊社は起業9年目ですが、2つの業種でコンサル契約を結んでいます。

 

1つ目は、税理士の顧問契約です。

税に関することで困ると直接を連絡を取っています。

主に経費の種目です。

「〇〇を購入したいのだけど、事務経費として計上できるか?」などを聞くことがあります。

 

2つ目は、弁護士の顧問契約です。

現在2つの裁判をしていますが、その時も「裁判をやって勝てそうなのか?」「罪に問えそうなのか?」などを聞きました。

また、コンサル(コーチング)の時の誓約書にも顧問弁護士の名前を入れさせてもらっています。

 

いずれにしてもコンサル業というのは毎日のように連絡を取ることはありません。

何もなければ税理士さんは月1回程度弁護士さんは数か月に1回程度です。

 

これは、寺子屋とは違うのでは?と思うようになりました。

寺子屋では相手が何もアドバイスを求められる状態ではなくても、アクセルが思うことがあれば積極的にアドバイスをしています。

少なくとも、相談業(コンサル)ではないなあと思いました。

 

良い言葉がなかなか見つからなかったので、SEOコーチと名乗ることにしました。

コーチの定義はなんでも良いのですが相談業ではない事はたしかです。

コンサルは困ったときに相談できる人。

 

コーチは例えるなら横で並走する人です。

 

コーチは、半歩前か半歩後ろでも良いかもしれません。

いずれにしてもコーチは、常に姿を確認できる場所にいるとは思います。

そういうポジションが自分の立ち位置です。

 

とは言っても、手取り足取りなんでもやるとは違います。

アクセルは、外注さんやお手伝いではありませんから。

 

寺子屋12期が終わった後とりあえず自分の力でサイトが作れるようになる。

もちろんSEOに強いサイトという前提条件が付きます。

そこまでがアクセルの役割だと思っています。

アクセルが、外注さんやお手伝いさんのように代わりにやってしまっり、常に答えを言ってしまったらアクセルがいなくなったら、自分では何もできない人になってしまいます。

すぐに答えを聞きたがる人は寺子屋に入らないでほしいです。

はっきり言って向いていません。

 

まずは、自分なりにマニュアルに沿って作業する。

作業の意味などわからなくてかまいません。

とりあえずやってほしいです。

 

3か月間頑張って寺子屋式をマスターして自分の力で稼げるようになりたい人だけ寺子屋に申し込んでください。

他の人のコンサルを受けてうまくいかない人はコンサルを受けるレベルでなかったからかもしれません。

コンサルよりコーチングの方が向いていただけかもしれません。

相談するだけで成果を出せる人は、10のうち8ぐらいまで来ている人です。

10のうちの残りの2のためにコンサルを受けるのが正解です。

 

ちなみに、寺子屋では、超初心者お断りとは言っていますが、それはいくら稼いでいるか?の話ではありません。

超初心者とは

 

・ドメインの取得

・サーバーの設定

・ワードプレスのインストール

・テンプレートの変更

・タイトルと見出しの設定

 

あたりができない人です。

つまり、既に独自ドメインで自分の媒体を持っている人は超初心者ではありません。

超初心者を卒業したら10のうち1はクリアできています。

残りの2~10を身に着けたければ寺子屋12期をご検討ください。

寺子屋式アフィリエイト2(寺子屋生の募集ページ)
時間がない人やお金がない人ほど寺子屋式アフィリエイト2は向いています 次のような悩みがある方に寺子屋式アフィリエイト2はおすすめです ・キーワードの選定がわからない方 ・タイトルの正しい付け方がわからない方 ・Hタグの設
     
【無料】寺子屋メルマガ登録フォーム

寺子屋メルマガに登録した方には、寺子屋式ミニサイトの失敗例を大公開します。メルマガ登録するだけですぐに見ることができます。



*お名前(英語名は不可)
*メールアドレス

 
寺子屋日記
法人9期目のCEO。夫婦で専業アフィリエイターをしながら、15年間続けているSEOアフィリエイトの手法を惜しげもなく教える「寺子屋式アフィリ」の先生です。寺子屋生は100名を突破!!最新のSEOアフィリ情報はメルマガで無料配信中→登録はコチラ
アクセルをフォローする
アクセルをフォローする
寺子屋SEOブログ

コメント