寺子屋コンサルでは2サイトの公開をしています




どうもアクセルです。

明日から寺子屋5期が始めるので、気持ちを新たにブログを更新しています。

 

サイト公開をしていない人は、稼いでいるかわからないし、信用できないという意見を時々みかけます。

自分とは違う意見ですが、そういう人の気持ちがわからないわけではありませんので、寺子屋コンサルでは2サイトの公開をお約束しています。

ただ、それは寺子屋コンサルの契約後の話です。

 

もし、その条件が嫌なら寺子屋コンサルを受けないという選択をしてください。

サイト公開をした上で、アフィリエイトを教えている別の人から教わったらいいと思います。

 

最近では、セミナーでもサイト公開をしなくなってきました。

一時的な承認欲求を満たすためのサイト公開はリスクしかありません。

もちろん、サイト公開をするという必要性があれば別の話ですが。

 

 

スポンサーリンク




稼いでいる人は教えるのがうまいという思い込み

確かに自分より稼いでいるアフィリエイターさんは、たくさんいます。

もう何年も月1000万をきったことがない人も知っています。

素直に尊敬しています。

 

でも、だからと言ってアフィリを教えるのがうまいという事にはならないと思います。

プロ野球でもプレイヤーとして活躍しても、監督には向いていない人もいます。

東大を卒業した先生が、教師としては問題があるケースもあります。

 

自分がアフィリで稼げていて、教えられない人は、言語化できていないからです。

才能はあるのですが、その人以外は再現性がないといったところでしょうか。

 

自分的には、月100万円以上を一発屋ではなく、継続的に稼ぎ続けている人であれば、本物だと思います。

アフィリを教わるなら月100万円が最低条件ぐらいで十分かなって個人的に思います。

 

その人に実際会ってみて、教えるのがうまいかどうかを見極めると良いかもしれません。

セミナーに参加して教えることのスキルを確かめてもいいと思います。

 

 

寺子屋生にはサイト公開を新旧2つしている理由

寺子屋式を学んでいただくうえで、実際に寺子屋式で作ったサイトをお手本にするというのは当然のことだと思います。

タグの使い方、記事の書き方、内部リンクの使い方、タイトルや見出しの使い方など、マニュアルにも書いてありますが、実際のサイトを見ていただくとより理解が深まると思います。

 

寺子屋マニュアルにあるサイトは、過去に寺子屋式で作ったサイトで既にいろいろなワードで上位表示をして収益があるサイトです。

確かに実際に稼いでいるサイトを見ることも学ぶことはあると思うのですが、そうとうな修正をしていますし、記事数も寺子屋式の基本スタイルであるトップページ+ペルソナ5記事ではなくなってしまっています。

 

そこで、寺子屋コンサルでは、自分も寺子屋式の感覚を失わないために、新規ドメインの状態から寺子屋式の基本スタイルであるトップページ+ペルソナ5記事を現在の寺子屋生のみに公開しています。

今でも寺子屋式は再現性が高く、過去の成功事例ではないことを証明することにもなっていると思います。

何サイトも作ってうまくいったサイトのみを育てるスタイルではなく、確実に寺子屋式で作ったサイトを上げきり、収益化までもっていくというスタイルの寺子屋式ならでは、できることだと思います。

 

明日から寺子屋6期(1月からスタート)の募集が始まりますので、興味がある方は、お問い合わせください。

寺子屋アフィリエイトコンサル(寺子屋6期の募集ページ)
1月から始まる寺子屋6期のコンサル生を若干名追加募集しています コンサルの目的 寺子屋アフィリエイトコンサルは、3か月でSEOに強い寺子屋式ミニサイトを1から学ぶことを目的としています。 チャットワークやスカイプが
     

コメント