寺子屋式GRCの使い方

どうもアクセルです。

 

サジェスト網羅が一般的なSEOアフィリの手法だと思っている人は、結構多いと思います。

網羅的にキーワードを扱っていると勝手に上位表示すると思っていませんか?

でも、これは、ある意味間違った解釈です。

 

サジェスト網羅をするのはあくまでマーケティングと考えてほしいです。

 

実は、大きなワードで上位表示するために、重要なワードというのは、多くありません。

サジェストが500以上あっても実は、10個もありません。

この狙うワードで上位表示するために重要なワードを見つけ出す方法で、一番簡単なのがサジェスト網羅なんです。

機械的にできますからね。

 

そして、この10個のカギとなるワードを見つけ出すツールがGRCです。

寺子屋式GRCの使い方1

サイトが完成したらGRCにまずは、狙っているワードのサジェストを全て入れます。

そして、ひたすら変動を待ちます。

変動が来て、大き目なワード(2語など)で上がったときに登録した何かのサジェストワードも一緒にあがっているはずです。

これを特定するのがGRCの役割です。

 

大き目なワードと一緒に連動して動いているワードこそもっとも注力するワードなのです。

そしてその注力すべきワードはそれほど多くはありません。

かなりわかりやすいので、GRCをじっくり見れば誰でもわかるはずです。

 

寺子屋式GRCの使い方2

寺子屋では、GRCには、サジェストワード以外のワードも追加登録します。

その1つが、サジェスト+1語(2語)です。

 

サジェストワードだけで記事を書くとなかなか差別化ができません

そこで、寺子屋では、サジェストワード+1語で記事を書きます。

 

しかし、本当に狙いたいのは、あくまでサジェストワードです。

つまり、サジェストワード+1語がなんでも良いわけではありません。

かなりのリサーチが必要です。

 

選んだワード(サジェストワード+1語)と狙っているワードと同じページで評価されているかどうかが重要です。

モザイクばかりで申し訳ありませんが、上の図は、同じページ(html)で、2語(サジェスト)と3語が評価されている状態です。

2語が74位、3語が42位です。

 

反対に、GRCでサジェストワード+1語(合計3語)とサジェストワード(元のワード)を比較してみて評価されてるページが違う場合は、追加の1語がNGだったという事になります。

 

まとめ

GRCは、狙うワードと関連性が高いワードを見つけるツールです。

変動の時だけGRCを回す意味がない事がわかったでしょうか?

 

自分は、お名前デスクトップを契約して、GRCは毎日タイマーで回しています。

手動で回すことは、まずありません。

毎日記録を取ることが大事だと思っているからです。

 

ちなみに旅行中は、RD Cliantというアプリを使ってスマホで見れるようにしています。

     
 
SEO対策
専業アフィリエイター。デイリー100万円は未達。セミナー講師の実績は48回。寺子屋コンサル生100名突破。SEOアフィリ歴14年目。 2010年に脱サラして夫婦で起業。子供は3人。法人8期目のCEO。最新のSEOアフィリはメルマガで無料配信中→登録はコチラ
アクセルをフォローする
アクセルをフォローする
寺子屋メルマガ

寺子屋メルマガに登録した方には、寺子屋式ミニサイトの失敗例を大公開します。メルマガ登録するだけですぐに見ることができます。



*お名前(姓)
*メールアドレス

寺子屋SEOブログ

コメント