ツイッターアフィリでわずか半年で1億円稼ぐ方法

どうもアクセルです。

半年で1億円の売り上げを叩き出したツイッター広告のnote(現在は販売終了)を出しているゆうじさんに会ってきました。

詳しくは言えませんが、利益率も皆さんの想像より遥か上だと思います。

普通に家が買えますw

 

バナナさんが主催でなんと静岡でお会いすることができました。

本当に感謝です。

 

自分自身、ツイッター広告を実は取り組んだことがあるのですが、思ったように成果を出すことができずに、すぐに撤退してしまいました。

しかし、ゆうじさんの話を聞いて結果を出すことができなかった理由がわかりました。

単純に作業量が100倍違っていました。

 

ゆうじさんは何度も「アド系のアフィリは誰でも稼ぐ事ができる」と言っていました。

ただし、鬼の作業量ができれば・・・という前提条件があります。

 

寺子屋アフィリは作業量が多い事で有名ですが、アド系はその10倍必要だと思ってください。

自分のなかでリサーチを作業とは思っていませんが、そのリサーチを作業として思っても10倍は作業量が必要です。

もう寺子屋アフィリが作業量が多いと言うのは、差し控えたいと思いますw

この程度の作業量を大変だと言っていた自分が恥ずかしいです。

 

だからこそ半年で1憶円の売り上げを作ることができたという事なんだと思います。

SEOとの違いは、リサーチを検索エンジンを使ってするのではなく、ひたすらABテストでリサーチをすることなんです。

ここが大きく違います。

細かい要素はたくさんありますが、広告選び、クリエイティブ、出稿するページの3つだけでもそれぞれ10パターンぐらいずつ作れば1000パターンのテストが必要です。

リサーチ中はどんどんお金が減っていきます。

 

その上で、当たり広告がでれば売り上げで月1000万というのは数か月で見えてくるのは間違いないと思います。

問題は、その作業をやりきる事ができるかどうかという事になります。

SEOと違い、アド系アフィリはユーザーがカギです。

このユーザーにどれだけ刺さる流れを作れるかが重要です。

 

ゆうじさんも最初は当たり広告がなかなかでなく、かなり苦労したそうです。

寝る時間以外は、全てアド広告に費やしたこともあったそうです。

そんな積み上げたある人でも、新案件にはすぐに大きな成果を出すことはないそうですし、当たり広告がでても飽きられて反応が悪くなってしまうという現状があります。

参入時には管理画面に張り付いて他の事はできなくなってしまう事もしばしばあります。

 

その点、SEOアフィリは、成果がでるまでに時間はかかりますが、当たりがくれば、メンテナンスは少なくて済みますし、1年以上稼ぎ続ける事も少なくありません。

何より赤字になることがないのは、メンタルが弱い人にとってはSEOアフィリが向いているのではないでしょうか?

 

もちろん、アド系アフィリを批判したいためにこの記事を書いているのではなく、人間には向き不向きがあるから自分との相性を考えてビジネスした方がいいと思って書きました。

作業量が多いというのは、どちらにしても参入障壁になると感じました。

     
 
寺子屋日記
専業アフィリエイター。デイリー100万円は未達。セミナー講師の実績は48回。寺子屋コンサル生100名突破。SEOアフィリ歴14年目。 2010年に脱サラして夫婦で起業。子供は3人。法人8期目のCEO。最新のSEOアフィリはメルマガで無料配信中→登録はコチラ
アクセルをフォローする
アクセルをフォローする
寺子屋メルマガ

寺子屋メルマガに登録した方には、寺子屋式ミニサイトの失敗例を大公開します。メルマガ登録するだけですぐに見ることができます。



*お名前(姓)
*メールアドレス

寺子屋SEOブログ

コメント