寺子屋12期生の感想:Kさん

どうもアクセルです。

 

今日は寺子屋12期生の発生報告をします。

 

さっそく感想を書いてもらいました。

 

なぜ寺子屋を受けようと思ったのか?

寺子屋式を受けようと決心したのは寺子屋12期の募集が終了する数日前。

自分にできるだろうか迷いに迷って、最後は清水の舞台から飛び降りるような気持ちで申込みました。

 

それまではネットの無料情報や書籍などをもとに自己流で作ったサイトを運営していました。

自己流のサイトは完成形のイメージがわかず、トップページもないままの中途半端なもの。

それでも運良く成果が出ていたので「今のうちに新サイトを作るべき!」と5月頃から思い始めました。

 

ところが、なかなか新サイト作りに着手できずにいました。

自己流サイトでの報酬があまりにもラッキーパンチすぎて新しいサイトを作ろうにも再現性がなく、どうしたらいいのか分からなかったんです。

 

それに恐いという気持ちもありました。

 

成果の出ているサイトはいろんなワードで1位をとっているのに、発生するのは1個の個別ページのみ。

時間をかけて作っても上位表示しなかったらどうしよう…

上位表示しても稼げなかったらどうしよう…

 

恐くてなかなか行動に移せないまま時間だけが過ぎていきました。

 

でも、心の奥底には恐れと同時に欲もありました。

 

新しいサイトを作るなら、きちんとサイト設計やSEOを学びたい。

ちゃんと自分のやっていることを理解してサイト運営していきたい。

できることならちゃんと稼ぎたい。

 

だんだん欲のほうが恐れを上回ってきて、あとはいつ寺子屋に申し込むかという段階まで進めました。

ちなみに、私の中ではサイト設計やSEOを習うなら寺子屋一択。

 

他に選択肢はありませんでした。

 

というのも、ツイッターやブログやメルマガでいろいろ情報収集して、唯一根性論ではなく客観的なデータをもとにした具体的な方法を提示してくれそうな先生は寺子屋式のアクセル先生の他に見つけられなかったからです。

さらに、アクセル先生の寺子屋ではサイト設計、キーワード選定、修正方法まで教えてもらえて、それと同時にサイトを作る過程で伴走してくれるコーチング式、と至れり尽くせり。

 

コーチングは自分が求めている学びのスタイルにぴったりでした。

 

でも、コーチングを受けるということは、自分にもそれなりのコミットメントが求められます。

そこで、次の壁にぶつかりました。

果たして自分は3ヶ月間コミットメントできるのか。

そこまでの覚悟はあるのか。

本業と育児と家事のやりくりはできるのか。

この段階での一番の課題は「時間の確保」でした。

 

悶々と悩んで悩んで3ヶ月間の生活をシュミレーションして、「9月からの3ヶ月ならなんとか時間が確保できそうだし、この期間しかやれる時はない!」と決心がついたのが12期の募集締切直前でした。

 

 

寺子屋を受けて得た成果について

生まれて初めて1サイト完成できました!

卒業してから4週間後に1件発生しました!

やるべきことが明確になったので、新しいサイトを自分ひとりで作る自信もつきました!

 

サイト作りについては、どこから始めてどこまでやればいいのかを体験できたことが大きかったです。

もちろんサイトを完成させて終わりではなく、これからも修正が必要です。

 

でも、これまで1度もサイトを完成させた経験がなく、どう完成させるかもどこまでやったらいいのかも分からなかった自分にしてみれば、これは大きな大きな成果です。

 

報酬の発生については、まだまだこれからです。

 

12期の最中はリサーチや記事の執筆などで、手一杯で楽しむ余裕はありませんでした。

今は毎日修正しながらサイトを育てるのが楽しくてしかたありません。

 

もっともっと上がって、みんなに見てもらいたいなと思っています。

そしてたくさん発生してくれたら嬉しいです。

 

別の新しいサイトについては、今のサイトの順位をもっと上げてから取り組みたいと考えています。

でも、今は新しいサイトを作ることに恐れも不安もありません。

 

アクセル先生の助けを借りて1サイト作った結果、マニュアルに沿って集中して取り組めばよいということが分かったので、迷いはありません。

 

今は次にどんなサイトを作るか考えるだけでワクワクします。

 

 

寺子屋で特に学びとなった部分

ビッグワードに挑む姿勢・考え方ビックワードへの真っ向勝負を可能にする手法

寺子屋で学ぶことにより、自己流サイトで1位になっているワードがたくさんあるのに発生しないしドメインが強くならない理由がハッキリしました。

 

稼げないワードばかり選んでいたからでした。

 

ありがちな失敗ですよね。

 

自分のような素人がビッグワードに挑戦するなんて100年早いと最初から尻込みしていたんです。

でも、アクセル先生は「ビッグワードから逃げてはいけない」ときっぱりおっしゃって、しかもビッグワードで上位表示するためにすべきことを明確にマニュアル化してくれていました。

 

どのような商品を扱うべきか、検索結果のどの部分に注目すべきか、どの段階で何をすべきで何をするべきではないのかといった優先順位の付け方は自分が思っていたのとまったく異なっていました。

また、リサーチや修正の方法については1つだけではなく複数の手法があって、AがダメならBを、BがだめならCをやるというように本当にたくさんの引き出しをお持ちで期待以上でした。

 

 

アクセルとのやりとりで印象に残っている事

アクセル先生は論理的なのはもちろんですが、洞察力が鋭く物事の本質を見抜く力がとても高い方だという印象を受けました。

チャットワークで何か質問をしたときに、質問の内容から言外の問題点や課題点を感じ取られたのでしょう。

 

先生から「何か困ったことはありませんか?」と質問されました。

 

私は人に頼ることがあまり上手ではありません。

自己分析が下手で困ったことがあってもそれを言語化するのがとても苦手な人間です。

 

ごちゃごちゃいろいろ言葉を並べて説明していたところ、一言「時間がとれないということですね」とズバリ指摘されてしまいました。

時間の確保は寺子屋に申し込む前に一番気になっていた課題点。

頭の中が一番ぐちゃぐちゃになっていた時にアクセル先生にズバリと指摘されて「ああそうか、時間が取れなくていらいらしていたんだ。じゃあ、時間を確保するために何をどうしたらよいのか」と気持ちを切り替えることができました。

 

アクセル先生からも時間確保のためのアイディアをいくつかいただきました。

睡眠時間を削ってでも時間を捻出しなさいといった根性論ではなく、もっと別の具体的なアドバイスばかりでしたので、とても好感が持てました。

 

また、アクセル先生は人が自分の殻を破るために必要なことをよく理解されている方だなとも思いました。

 

寺子屋では週1記事ペースでサイト完成を目指します。

自分がこれまでにサイトを作った時のペースとは比較にならないくらい速いペースで、何度自分に負けそうになったことかしれません。

12期では毎週火曜日に週1記事ペースが守れている人の人数が発表されました。

 

私にはこれが功を奏しました。

同期生たちが頑張っているのに負けてはいられないと頑張る気持ちになれました。

 

その結果、期限内にサイトを完成することができ、スカイプコンサルを受けることができました。

正直アクセル先生と本当に1対1だったら、ここまで頑張れなかったかもしれません。

同期の12期生の皆さんが自分よりもずっとずっと頑張っていることを、アクセル先生の週1回の発表を通して知ることができたおかげです。

 

 

どんな人に寺子屋お勧めしたいか?

私のようにサイト設計のやり方が分からず一度もサイトを完成させた経験のない方におすすめしたいです。

サイトを完成させるというのも一つの成功体験。

小さな成功体験かもしれませんが、成功体験が一つ増えるたびに人は成長し、さらに発展していけるのではないかなと思うからです。

寺子屋の申し込みページ
1 寺子屋のコンセプト 寺子屋とは、SEOアフィリを通して、収入を増やす学びの場です。使い捨てではなく、継続的に作ったサイトからアフィリ報酬がえられる仕組みを作り、稼げるアフィリエイターを目指していただきます。 寺子屋卒業生の声
     

運ではなく狙って稼ぐアフィリエイトを無料でプレゼント


フォームに登録した方には、運ではなく狙って稼ぐアフィリエイトについての無料レポート(PDF)がもらえます。

登録したメールアドレスに届いたメールの指示に従ってダウンロードしてください。

(特典だけ見て、すぐにメルマガを解除してもかまいません。)



*お名前(英語名は不可)
*メールアドレス

 
寺子屋卒業生の感想
起業10年目の社長。SEOアフィリ歴15年。月1000万円を達成後に燃え尽きて情熱をなくしましたが、SEOアフィリの手法を教える寺子屋で情熱を取り戻しました。寺子屋生は4年間で200人以上。
アクセルをフォローする
アクセルをフォローする
寺子屋SEOブログ

コメント