なぜ寺子屋式が狙ったワードで上位表示しやすいのか?

上位表示しているサイトの条件

上位表示しているサイトと上位表示したいないサイトの違いは、大きく2つだと思います。

それは、上位表示しているサイトはPVが多い、クローラーの巡回が多いです。

 

つまり、PVとクローラ―の2つを上位表示しているサイトと同レベルにすれば自分のサイトも上位表示が可能という事になります。

例えば被リンクSEOもPVを増やしたり、クローラーを呼んだりすることになるのでここに当てはまりますね。

 

ただ、最近は、被リンクSEOをやらなくても寺子屋式なら十分、その状況が実現できるので重視していません。

今後も寺子屋メルマガでは、被リンクSEOについては極力触れません。

 

クローラー対策

新規ドメインは、クローラーがほとんどきません。

通常、新規ドメインは、クローラーを呼ぶために無料でできる事は記事を更新してフェッチをすることだけです。

 

フェッチしないでも安定的にクローラーが定期的に来る状態になるにはおよそ3か月ほどかかります。

本来は3か月間、毎日記事を書いてフェッチするのが良いのですが、実際には、かなり難しいと思います。

 

そこで、寺子屋では、3か月間、週に1記事投稿でやっていきたいと思います。

3か月は、およそ90日なので12~13記事ほどになります。

 

これならやってみようとは思いませんか?

ただし、この状況を作るためにはキーワード選びがカギです。

キーワード選定を間違ったら絶対にSEOに強いサイトは作れません。

稼ぐことは、もちろんできません。

 

PVを増やす方法

PVが爆発的には増える理由は、1つのワードが上位表示したときに関連するワードも一緒に上位表示するからです。

例えばAというワードが5位になるとBというワードは7位、Cというワードは3位という感じです。

GRCを見れば、よくわかると思います。

 

Aというワードが上がったらBやCというワードも上がるという現象。

Aだけなら100PVだったけどBが50PV、Cが50PVという感じで合計200PVになります。

これが爆発的にPVが増える原因です。

 

いろいろなワードに波及するAというワードを選ぶことができれば、新規ドメインであっても効率的にPVを稼ぐ事ができますよ。

キーワード選定が本当に重要なのです。

 

Googleはバ〇?

新規ドメインの場合は特に言える事なのですが、Googleはターゲットワードを勘違いしやすいです。

先ほども言いましたが、上位表示しているサイトはPVを必ず稼いでいます。

そして、たいていPVを稼いでいるワードで上位表示しています。

 

逆を言うと本来は、狙っていないワードで上位表示してしまうとそのワードで順位がついてしまうことになります。

こうなるとグーグルは狙っていないワードのサイトと勘違いをしてしまいます。

上位表示しているワードのサイトだと勘違いをおこします。

 

この現象を回避する具体的な方法の1つは、寺子屋ノウハウの重要なノウハウです。

 

いずれにしてもキーワード選定が全てです。

寺子屋の申し込みページ
1 寺子屋のコンセプト 寺子屋とは、SEOアフィリを通して、収入を増やす学びの場です。使い捨てではなく、継続的に作ったサイトからアフィリ報酬がえられる仕組みを作り、稼げるアフィリエイターを目指していただきます。 寺子屋卒業生の声
     


特典:狙ってアクセスを集めるためのサイト設計図
特典:これだけはやっちゃいけない!ミニサイト失敗例
特典:ジャンル選びとキーワードの選び方
特典:寺子屋式リサーチ方法
特典:最新SEO情報をリアルタイム配信



*お名前(英語名は不可)
*メールアドレス

 
寺子屋式
起業10年目の社長。SEOアフィリ歴15年。月1000万円を達成後に燃え尽きて情熱をなくしましたが、SEOアフィリの手法を教える寺子屋で情熱を取り戻しました。寺子屋生は4年間で200人以上。
アクセルをフォローする
アクセルをフォローする
寺子屋SEOブログ/SEO対策とアフィリエイトの記事の書き方

コメント