どうも、アクセルです。

 

早速ですが、メインキーワードはどのように選んでいますか?

ビッグキーワードは、月数100万~数1000万までいけますから、夢がありますね。

 

でも、実際は、あげられない人は一生上げられないのがビッグキーワード。

 

そもそも月1000万とかいったら、税金で半分ぐらい持っていかれます。

サイトが飛んだら次の年は予定納税で詰みます。

 

数年前、弊社も「看護師求人」で4位まで行ったことがあります。

たった1か月で飛んでしまいましたがw

ちなみに、このサイトは「看護師転職」では2年ぐらい1ページ目にいました。

このサイトが稼ぎだした報酬額は、ご想像にお任せします。

 

このサイトはビッグキーワードで最初から上げようと思っていませんでしたが、結果、ビッグキーワードあがることができました。

今は、このサイトが上位表示したノウハウを生かして、サイトつくりをしています。

 

コツは、大きいキーワードで最初から上げようとしないことです。

最終的にはあげるのですが、最初からは大きいキーワードを狙わないとはどういうことかを解説していきますね。

 

まずは、狙うワードによって必要なコンテンツは変わるということを理解してください。

必要なコンテンツというのは、Googleにとって必要なコンテンツという意味です。

 

3語で上位表示を狙う

上の図は3語のワードを上げるために必要なサイト設計を示したものです。

3語のワードの上位表示を狙うために、カテゴリは5つあり、記事がそれぞれ1記事ずつ入っています。

 

もし、このサイト設計で3語のワードが上がらない場合はサイト設計が間違っているか、コンテンツの質が良くないということになります。

サイト設計の見直しか、サイト修正を繰り返し、3語での上位表示(1ページ目)を目指します。

NGなキーワードの選び方

3語を選ぶ時の注意点は、2つあります。

 

それは、最終的には1語をあげるためにどんなワードがふさわしいか?というのをリサーチを通して選ぶ必要があります。

狙うワードを変えるとは言ってもあくまで最終的に狙うワードを考慮したうえで決める必要があります。

 

また、3語以上のワードを選ぶときは、意味が重複するものを選んでも意味がありません。

例えば「脱毛エステ おすすめ ランキング」とか「カードローン 人気 口コミ」とかです。

 

この辺りはキーワード選びの肝になってくると思います。

これを間違えるとうまく行きません。

 

リサーチをかなりしないとなかなかできるようにならないと思います。

 

 

2語で上位表示を狙う

 

次に狙うワードを1語減らし、上の図は2語のワードで上げるためのサイトを設計です。

カテゴリは増やさず、各カテゴリに数記事ずつ増やしています。

 

もし、このサイト設計で2語のワードが上がらない場合はサイト設計が間違っているか、コンテンツの質が良くないということになります。

サイト設計の見直しやサイト修正を繰り返し、2語での上位表示(1ページ目)を目指します。

 

必要なコンテンツを過不足なく追加することが重要です。

1語で上位表示を狙う

さらに狙うワードを1語減らし、上の図は1語のワードで上げるためのサイトを設計です。

カテゴリは増やさず、各カテゴリに数記事ずつ増やしています。

 

もし、このサイト設計で1語のワードが上がらない場合はサイト設計が間違っているか、コンテンツの質が良くないということになります。

サイト設計の見直しやサイト修正を繰り返し、1語での上位表示(1ページ目)を目指します。

 

最初から網羅すればよいという意見もあるかと思いますが、それだと上位表示しなかったときに、どの記事が足を引っ張っているのかがわかりにくいです。

また、膨大な記事を隅々まで見渡しサイト修正をしていくのは、ほぼ不可能に近いことだと思います。

 

この3語から1語に狙うワードを変えるのは同じサイトでの話です。

3サイトあるわけではないのでご注意ください。

 

この方法のデメリットは?

ひたすらめんどくさいです。

数作って上がったものを育てる人には向いていませんw

リサーチにも結構な時間をかけます。

 

リサーチについてはこちらの記事をご覧ください。

アフィリエイトのリサーチ

この方法のメリットは?

この方法は上位表示しやすいワードから上げていくので、それなりの金額を早い段階で発生させることができます。

2~3か月以内に初報酬は決して夢ではありません。

 

また、記事が少ない段階で評価が低いサイトかどうかわかるので自分のサイト設計のミスに気づきやすいです。

評価の低いページもわかりやすいので、こちらはコンテンツの質について考える必要が出てきます。

そして、必要なコンテンツの過不足ついても再リサーチが必要かもしれません。

 

3語とか4語であがらなかったら、確実に何かが間違っているはずです。

1語に比べて運の要素はかなり少ないです。

 

いろいろな条件がきちっとかみ合えば、3語ならアップしてから1週間で2ページ目とかが可能です。

 

ライバルサイトの強さも経験値が必要だとは思いますが、なんとなくわかります。

なんとなくですよ。なんとなくw

ライバルサイトがSEO的に強ければ、何かの手立てが必要になります。

 

まとめ

サイトを育てながら、その時々の段階で報酬を得ながら大きなキーワードを狙うことができるので答え合わせに1年とか待つ必要はありません。

モチベーションを保ちながら大きなワードの上位表示を目指せます。

 

ただ、個人的には、ジャンルによりますが、ビッグを目指さなくてもミドルワードで十分な報酬は得られると思います。

複数ジャンルでミドルワードでいくつも上位表示させる方がリスクヘッジにもなりそうです。