バリ島旅行にいってきました3

どうもアクセル先生です。

このメルマガはバリ島より
配信しています。

先日、レンボンガン島
に行ってきました。

宿泊しているホテルの
バリ島からは船で移動します。

レンボンガン島はwikipedia
によると以下の通りです。

==============

レンボンガン島は、バリ本島から
バドゥン海峡を経て南東に約18キロ、
バリ島とロンボク島の間にある島。

インドネシア中部の小スンダ列島に属し、
面積は約8km2。

人口は約5000人。

近隣にはペニダ島と
チュニンガン島がある。

==============

町でたまたま知り合った
日本語がべらべらの現地人
に1日ガイドを頼みました。

奥さんは日本人で
バリ島で日本人相手の
ツアー会社を経営しているとの話。

英語に自信がない僕たち
渡りに船でガイドを
お願いしました。

一人13000円で格安です。

次の日の朝に6時30分に
僕たち家族が宿泊している
ホテルのロビーに集合ということで
話がまとまりました。

連絡は、LINEでしました。

朝起きると雨が
しとしと降っていました。

船は動いているようなので
雨天ですが決行しました。

そして、その日はインドネシアの
独立記念日で道がめっちゃ
混んでいました。

前の日から朝ご飯を
お弁当にしてもらうように
御願いしておきました。

・ナシゴレン
・骨付き肉
・ライチ
・柑橘類の何か
・トロピカルジュース
・ミネラルウォーター

量は、なかなかありました。

車の中でホテルで作ってもらった
朝ご飯の代わりの弁当を食べました。

現地の人は運転が荒いです。

めっちゃクラクションを鳴らします。

港近くの駐車場に車を
とめると歩いて港に・・・。

5分ぐらい歩くと
大雨が降ってきました。

バリ島はめったに
雨はふらないそうです。

ここでも残念ながら
雨男の力を発揮して
しまったようですwww

ちなみに僕はめっちゃ
雨男です。。。(`・ω・´)

大学時代に東京から
実家に帰省してきた時は
いつも雨です。

母には雨男と未だに
言われていますw

サラリーマン時代に
僕が計画したイベントは
だいたい雨が降りました(泣)

僕が地元のブロガーさんや
アフィリエイターさんや
ユーチューバーさんと
一緒に計画した飲み会では
台風を呼んだこともあります。

終電が午後6時30分に・・(汗)

話を戻します。

レンボンガン島に渡る港で
船を待っていたら雨がやみました。

船に乗るころには快晴です。

 

ただ、海はまあまあ
荒れていて船はやや揺れでした。

幸運なことに家族の
誰も船酔いになることは
なかったです。

それどころか朝早かったのエ
5人とも爆睡してましたw

(一応酔い止めはのみました)

大きな船から小さな船に
沖でのりかえました。

到着したのはサンゴが
たくさん落ちている
きれいな白い砂浜です。

ゴミはほとんどありません。

島に着くと現地(レンボンガン島)の
運転手さんが待っていました。

ガイドさんが手配してくれていたのです。

島の細い道をあらい
運転で飛ばすこと30分。

エンジン付きの小型船で
マングローブの森にいきました。

 

その後は、海に小型船をとめて
シュノーケリングをしました。

魚がたくさん見れたのは
良かったのですが、
海水が冷たすぎて
10分で終了です。

もっと長く海にいたかったw

画像
%url5%(https://twitter.com/axcel0901/status/1692430484469645589)

小型船から沖についたら
昼ごはんになりました。

定番ですが、外さないためには

・チキンステーキ
・ビーフステーキ
・ナシゴレン
・焼きそば

あたりを頼むと良いです。

アルコール度数がやや弱い
ビールを何本飲んだか分かりません。

 

ちょっとくせになる
ビールは、妻のゆきりんも
気に入ったようです。

レンボンガン島では
インスタ映えしそうな
場所がいくつもあります。

最後はそこを5箇所ぐらい
まわりましたが、移動ばかりで
子供たちはへとへとになりました。

レンボンガン島から
バリ島に戻る船は
長蛇の列でした。

3回ぐらい見送って
ようやく乗り込むことができました。

砂浜から小さな船で
沖に停泊している
大きな船に乗り換えて
バリ島の港へいきました。

帰りにご飯を食べて
帰る予定でしたが
子供たちは爆睡していたので
キャンセルさせていただきました。

サンセットディナーは
別の日のお楽しみに・・・。

ホテルの駐車場で
今日のガイド代と諸経費を
請求されました。

今考えると、出会いそのものが
偶然じゃないです(汗)

LINE交換をしている
場合じゃなかったです・・・。

最初は一人13000円と
言っていたのに最終的に
請求された金額は・・・。

一人16000円でした。

日本円でOKでしたが
五人なので合計8万円。

さらに本人の日当が
7000円。

現地の相場を考えると
ぼったくりという値段でも
ないのですが・・・。

まあ、いいでしょうw

次の日の1日ガイドも
申し出てきましたが
さすがにお断りしました。

本日のメルマガはバリ島から
配信しました。

また、次のメルマガで
お会いできるのを
楽しみにしております。

HN:アクセル

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログ記事おすすめのAIのCatchyのレビュー
管理人プロフィール


アクセルです。以前は、田舎の平凡なサラリーマンでしたが、出産の時に障害をおってしまった長女の治療のために借金を背負いました。

お金に縛られる人生を卒業したいと思い、2005年に副業でSEO集客のブログアフィリエイトを始めました。最初の数年はほとんど稼げずに、挫折の連続でした。

ある事をきっかけに、脱サラできるぐらいに稼げるようになり、2011年に4月に専業になりました。その後、さらに売り上げは伸び続け月100万円を達成しました。

同じ年の12月に妻と一緒に法人化をし、社長になりました。2015年の5月に月1000万円を達成。2016年より企業のSEOコンサル、アフィリエイトセミナーや寺子屋で後輩の育成にも力を入れています。

これまでに上場企業5社とセミナーを共同開催したり、400名以上が同時に参加したオンラインセミナーなどを多数開催してきました。

現在も稼ぎ続ける現役のSEOアフィリエイターです。

詳しくは公式メールマガジンで話をしています。

 

クリックしてくれたら飛び上がって喜びます。
カテゴリー
新着記事
PR

▼ワードプレス用のサーバー▼

"

▼AIライティングツール▼

▼おすすめASP▼

▼検索順位チェックツール▼

▼画像加工ツール▼