寺子屋4期生の感想1




こんにちは、寺子屋四期生のSと申します。

今回寺子屋コンサルを受けた感想を書く機会が得られたので、今まさに「寺子屋コンサルを受けたいけど迷っている」という方に、役に立つ感想を伝えられればと思います。

・私が寺子屋コンサルを受けようと思ったきっかけと理由
・寺子屋コンサルの流れ
・寺子屋式で学んだこと

実際に私が感じたこと・体験したことをベースにお話しするので、内容がすこし偏った見方になっていたり、今後変わる部分があるかもしれません。

なので、もし寺子屋に関わる機会があって、「4期生の言ってたことと違う!」と言われて私それは知らんですw(だって感想ですから)

だから「こんなこと感じたやつがいたんだな~」とふわっととらえてくれれば幸いです。

よし、それじゃいってみましょう。

 

 

スポンサーリンク




私が寺子屋コンサルを受けようと思ったきっかけと理由

正直に言うと、寺子屋を受ける前の私は、どうすれば記事が上位表示できるのかよく分かっていませんでした。

具体的に私のレベルを言うなら、競合が弱い収益性が低いキーワードなら上位表示できるんんだけど、あきらかに稼げる「〇〇おすすめ」みたいなワードでは上位表示できない、といった感じですね。

完全に独学だったのもあり、さらに周りにSEOを知っている人がいないのもあって、正直自分の中で何からすればいいのか分からないという感がありました。

そんな時にTwitterで少ない記事で上位表示できる寺子屋式というのを知り、興味をもったのがきっかけです。

ただ最初は、ネットで稼げる系のノウハウはあまり信用していないのもあって、興味はあるが応募しないつもりでいました。

だって顔もわからん、言葉も交わしたことない人を信頼できるか見極めるのって難しくないですか?

でも運がいいのか、私はアクセルさんと直接お会いする機会があり、SEOの話とか寺子屋の話とか実際に顔を合わせて声で聞けたんですね。

そのときに色々学ばせてもらって同時に、「これ、独学でやっててもアフィリでアクセルさんレベルまでいくことないなあ」と素直に思いました。

だから、寺子屋コンサルの募集枠に入れたら受けてみようと、決心したわけです。

 

 

寺子屋コンサルの流れ

寺子屋式の実際の流れをざっくり言うと
・リサーチ
・サイト設計
・記事設計
・ライティング
・記事修正

といった感じです。(実際にマニュアルも用意してくれてます)

内容はあまり具体的には書けないので申し訳ないんですが、代わりに私の失敗談を少々かきます。

私の場合、この進め方の中で少し手順を勘違いして進めてしまったことがあるんですよね。

もちろん全くの無駄ということではなく順番を間違えてしまったレベルですが、それでも少し進捗が遅れてしまったかなあと思います。

途中でアクセルさんに指摘を受けて修正することが出来たので、結果的に何も問題はなかったんですけど、私もあまり質問せずに進めてしまったのは良くなかったと、ちょっと反省してます。(今は私のような勘違いがないように、マニュアルも改訂して分かりやすくしてくれました)

で、ここで何が言いたいかというと、「大枠のマニュアルがあってもちゃんと質問しておかないと、進みが悪くなっちゃうことがあるかもよ。だから気を付けてね。」ということ。

基本的に寺子屋コンサルはチャットワークで連絡とり合うので、私みたいに質問を言語化するのが苦手というかたは苦労するかもです。

そんな人は、個人的にはYes/Noで答えられる質問にして、プラスでその理由を聞くのがベストかなと思います。

なので、マニュアル+自分の的確な質問により、寺子屋への満足度が変わると思いますので、ぜひ受ける側としてしっかり準備しておくことをおすすめします。

 

 

寺子屋式で学んだこと

私が学んだことを一言で表すと、「Googleとの向き合い方を知った」です。

これはもっとかみ砕くと

・狙ったキーワードで上位表示するためには、どんなコンテンツを作る必要があるか?

ということです。

寺子屋では生徒それぞれ別のキーワードを指定されてサイトを作っていく形になります。

なので、それぞれのキーワードを上位表示させるためのコンテンツはそれぞれ違います。

もちろんアクセルさんも最初からそのコンテンツを知っている訳ではありません。ただアクセルさんの経験上アドバイスしてくれる形になります。

「え?それってコンサルとしていいの?」みたいな意見はもしかしたらあるかもしれません。

ただ私としては、これでいいと思ってます。

ほら、よくあるじゃないですか。

釣った魚をあげるのか、釣り方を教えるのか、どっちが教えられて側の身になるかみたいな例え話。

これになぞって言うと、私は寺子屋コンサルは「釣り方を教える」という方だと思ってます。

なので私の勝手な意見ですが、寺子屋式では上位表示に必要なコンテンツを生徒とアクセルさんが共同で見つけていって、最後に生徒が自分一人で見つけられるようになるのが理想形なのかなと、めっちゃ自分勝手に思ってます。(アクセルさんがそう思っているかは知らないですw)

話は最初に戻りますけど、そういった意味で、私はグーグルとの向き合い方を学べたのかなと。

 

 

まとめ

・私が寺子屋コンサルを受けようと思ったきっかけと理由
⇒アクセルさんと直接会って、独学で追いつけないと思ったから
・寺子屋コンサルの流れ
⇒寺子屋受けるなら質問できる準備をしといてね
・寺子屋式で学んだこと
⇒グーグルとの向き合い方を知った

感想文なんぞ小学生以来なんで、しっちゃかめっちゃかな文章で読みづらかったと思います。

なんせこの寄稿をする前にまず真っ先に「感想文 書き方」ってググりましたからねw
(まあ読むのがめんどくさいんで、上位3記事とhタグだけ流し読みしただけですが)

ただ、寺子屋コンサル受けようか迷ってる人には少しお役に立てる記事になったかと思います。

今後は寺子屋性同士が顔を合わせる機会がもしかしたらあるかもしれませんので、そのときに「私が4期生のSです」と名乗るので、どうぞよろしくお願いいたします。

寺子屋アフィリエイトコンサル(寺子屋6期の募集ページ)
1月から始まる寺子屋6期のコンサル生を若干名追加募集しています コンサルの目的 寺子屋アフィリエイトコンサルは、3か月でSEOに強い寺子屋式ミニサイトを1から学ぶことを目的としています。 チャットワークやスカイプが
     

コメント