上位サイトの見出しを真似してはダメな理由

どうも、アクセル先生です。

上位表示しているサイトの見出しをパクっている人がいますけど、意味がないのでやめた方がよいです。

例えばですけど、「ミュゼ 解約」というワードで公式サイトを除くと一番、順位が高いサイトは以下のアフィリサイトになります。

→ https://www.excite.co.jp/datsumo/musee_kaiyaku.html

こちらのサイトの見出し(H3)は以下の通りになります。

========================
<h3>ミュゼで解約するときの流れ</h3>
<h3>ミュゼでは理由に関係なく契約の途中でも解約できる</h3>
<h3>ミュゼの途中解約の返金額の計算方法と返金までにかかる期間</h3>
<h3>クーリングオフ制度を利用した解約方法</h3>
<h3>ミュゼは違約金や手数料なしで途中の解約ができる!</h3>
========================

このサイトで実際にアクセスがあるのは、オーガニックトラフィックが10以上ある以下のキーワードだけだと考えて良いかと思います。

(ahrefsで確認できます)

========================

ミュゼ 解約
ミュゼ 解約 方法
ミュゼ 解約 返金
ミュゼ 退会
ミュゼ 返金
ミュゼ 解約 電話
ミュゼ 解約方法
ミュゼ 返金 いつ
ミュゼ 通い放題 解約
ミュゼ 途中解約
ミュゼ 途中 解約
ミュゼ フリー セレクト
ミュゼ 解約金
ミュゼ 解約 返金 いつ
ミュゼ 解約 理由
ミュゼ プラチナム 解約
ミュゼ コース 変更
ミュゼ 契約 解除
ミュゼ 途中解約 ローン
ミュゼ 解約 持ち物

========================

見出しタグにある「クーリンオフ」「違約金」「手数料」というワードでは、アクセスがありません。

見出しにあるのだから少しぐらいアクセスがあって良いと思いますよね?

でも、実際は意味がない見出しタグだと思って良いかと思います。

これはどういう事を意味しているかと言うと

「ミュゼ 解約」と
「ミュゼ 違約金」
「ミュゼ クーリングオフ」
「ミュゼ 手数料」

などが関連性が低いという事なんだと思います。

「ミュゼ 解約」で上位表示を狙っているのに、関係ない「違約金」「クーリングオフ」「手数料」などの見出しを作ったら上位表示しにくくなる可能性があります。

このページも本来は、上位表示できないはずなのですが、あまりにドメインが強いためにあがってしまっていると推測しています。

AhrefsでみたらDRが85でした(汗)

見出しを作るにしても上位表示しているサイトを真似するのではなく、しっかりとノウハウを知ってください。

特にドメインが弱いサイトほど見出しタグは大事なSEOです。

正しい見出しを作る事で、順位の付き方が全く違ってきますから。

寺子屋式の見出しの作り方は再現性が高いですし、難しいワードでもすぐに順位がつきます。

参考に「40代 筋トレ」の見出しタグをご覧ください。

▼「40代 筋トレ」の見出しタグ(寺子屋式)▼

SEO対策
シェアする




寺子屋SEOブログ/ブログを収益化する方法

コメント