寺子屋に入ってほしくない人

どうもアクセル先生です。

今日は、寺子屋に入ってほしくない人についてブログを書いていきます。

寺子屋に入ってほしくない人1

寺子屋に向いていないというかどんなサービスでも同じだと思いますが、アクセルのことをあまり好きではない人は、絶対に申し込まないでください。

直感でも、生理的に無理でもなんとなく嫌い・・・でもどんな理由でも同じです。

 

というのは、寺子屋は他のアフィリ塾と違ってマンツーマン制をとっているからです。

マンツーマンですから必然的にアクセルとのメッセージが増えます。

この時、あまり好きではない人からだったらストレスになってしまいますからね。

絶対に申し込まないでください。

 

寺子屋に入ってほしくない人2

誰かが何かをしてくれるまで待っている人(指示待ち人間)は、申し込まないでください。

以前は、グループチャットで自由に質問してOKだったのですが、質問の内容があまりにレベルが違いすぎてかえって混乱する人が増えてやめました。

ジャンルやアフィリしている商品が違えば当然SEOで重視する事は、変ってきますから当たり前なのですが。

 

現在は、13期のグループチャットにはいても発言はできないようにしています。

だから、わからないこと悩んでいることがあったらすぐにアクセルにメッセージください。

 

何がわからないかすらわからなくても問題ないです。

アクセルを利用してやる!ぐらいの気持ちで3か月間を過ごしてほしいなあと思います。

 

周りを見て動き出す人は、寺子屋では向いていないので絶対に申し込まないでくださいね。

寺子屋の場合、グループチャットはアクセルからの連絡が主です。

1日1回は必ずチェックしてください。

ちなみに連絡とは

 

・最新のGoogleに合わせたマニュアルの変更・追加

・よくあるマニュアルの間違いの共有

・スカイプコンサル枠のお知らせ

 

などです。

現在は、寺子屋生同士の交流は、オンラインの勉強会かリアルのセミナー、懇親会などに限定しています。

勉強会や懇親会では、先輩の寺子屋生が後輩の寺子屋生に教える姿がありました。

まさに寺子屋そのものでした。

 

寺子屋に入ってほしくない人3

自分で責任をとれない人は寺子屋に向いていません。

寺子屋というかSEOアフィリに向いていません。

 

剣道や武術と違ってSEOというのは、型がありません。

いつまで経ってもSEOというのは極めることができないのです。

 

なぜなら、Googleは常に調整を行っていて、絶えず、変化するものだからです。

検索結果は生き物なのです。

 

社会情勢や法改正などで急に検索需要が増えたり、衰退したりしてしまうジャンルなどもあります。

また数か月に1回はアプデや大きなルール変更があります。

 

今も大昔に誰でも稼げていた手法とまったく同じSEOの手法で稼いでいる人はいないと思います。

寺子屋マニュアルには、15年間のSEOの経験から作られていますが、どうしても例外というものが存在します。

そういったときは、自分の責任で考えたり情報収集をしていく必要があります。

もちろん、卒業後も無料でできる範囲では情報共有しています。

 

でも、SEOアフィリというのは、多くの人が成功できないからこそ価値がありますし、SEOアフィリで莫大なお金を稼いでいる人がいるのも事実です。

そもそもビジネスは他人と同じことをしていたら成功するわけがありません。

みんなと同じことをして稼ぎたいならSEOアフィリというか自分でビジネスをしないがいいです。

 

おとなしく誰かの下で雇われているサラリーマンをやっていましょう。

失敗したら上司や社長が責任をとってくれるのでしょうから。

何がおきても自己責任。

これができない人は絶対に、絶対に寺子屋に申し込まないでください。

 

まとめ

 

・アクセルが好きではない人

・誰かが動くのを待っている人

・自己の責任で考えられない人

 

以上の3つの1つでも該当する人は寺子屋に絶対に申し込まないでください。

100%うまくいきません。

     


特典:狙ってアクセスを集めるためのサイト設計図
特典:これだけはやっちゃいけない!ミニサイト失敗例
特典:ジャンル選びとキーワードの選び方
特典:寺子屋式リサーチ方法
特典:最新SEO情報をリアルタイム配信



*お名前(英語名は不可)
*メールアドレス

 
寺子屋式
起業10年目の社長。SEOアフィリ歴15年。月1000万円を達成後に燃え尽きて情熱をなくしましたが、SEOアフィリの手法を教える寺子屋で情熱を取り戻しました。寺子屋生は4年間で200人以上。
アクセルをフォローする
アクセルをフォローする
寺子屋SEOブログ/SEO対策とアフィリエイトの記事の書き方

コメント