企業サイトのSEOと同じことをしない

どうもアクセル先生です。

あけましておめでとうございます。

 

最近は、企業の公式サイトがアフィリサイト化しています。

キーワード選定がますます難しくなると思います。

 

企業サイトが狙ってきているワードはずばり知識系のワードです。

知識系のコンテンツというのは必要ではあるのですが、内容としては誰が書いても同じですからね。

ここで差別化するのはかなり難しいと思います。

 

もっと言えば、知識系コンテンツは外注化がしやすいので、諦めた方が良いかもしれません。

Googleは残念ながらコンテンツの良い、悪いが判断できません。

重要なポイントは2つです。

 

 

・検索意図を満たしているか?

・トラフィックが稼げているか?

 

 

極論この2点だけです。

 

知識系コンテンツというのは、非常に検索意図を満たすのが簡単です。

上位サイトを参考にして書けば誰でも書けますからね・・・。

 

特に3語、4語は検索意図が明確なので検索意図を満たすコンテンツを作るのは初心者でも比較的に簡単です。

しかし、もう一方の条件を満たすことができません。

 

そう、トラフィックを稼ぐことができないのです。

 

昔はそこまで重要視されていなかったのでロングテールを狙らった記事の量産でドメインを強くすることができなくもなかったです。

しかし、ホワイトテルオ全盛の時もアクセルは少ない記事数で上げる手法を研究し続けました。

 

このおかげで寺子屋式を始めることができたわけです。

そのあたりの話はブログに書いてあります。

寺子屋式ミニサイトの誕生の秘密
どうもアクセルです。 弊社は寺子屋式ミニサイトだけで、アフィリ報酬をあげているか?というと答えはノーです。 大規模サイトはあまりメンテはしていませんが、まあまあ大きな収益を運んできています。 実は、この大規模サイトがミニサ

 

 

話がだいぶそれましたが、今後は、知識系コンテンツで上位表示してキラーページに内部リンクして成約させる手法は使えなくなると予想しています。

Googleも厳しいですが、企業ドメインと同じ手法で戦う方がもっと厳しいですよ。

間違いなく。

 

手法を変えるなら今だと思います。

     


特典:狙ってアクセスを集めるためのサイト設計図
特典:これだけはやっちゃいけない!ミニサイト失敗例
特典:ジャンル選びとキーワードの選び方
特典:寺子屋式リサーチ方法
特典:最新SEO情報をリアルタイム配信



*お名前(英語名は不可)
*メールアドレス

 
SEO対策
起業10年目の社長。SEOアフィリ歴15年。月1000万円を達成後に燃え尽きて情熱をなくしましたが、SEOアフィリの手法を教える寺子屋で情熱を取り戻しました。寺子屋生は4年間で200人以上。
アクセルをフォローする
アクセルをフォローする
寺子屋SEOブログ/SEO対策とアフィリエイトの記事の書き方

コメント