【カニバリ対策】検索結果をみるキーワード選定

検索意図より重要なこと

どうもアクセルです。

検索意図を満たすコンテンツが大事だということは、みんなわかっていると思います。

 

しかし、検索意図だけでは、最近のGoogleは、対応できません。

 

なぜなら検索意図が同じものは1ページにまとめないと順位を下げる傾向にあるからです。

カニバリがおきるからです。

検索意図を満たすコンテンツを考えるより、検索意図がどのワードとどのワードが同じかを確認する方が先な気がします。

 

具体的に言えば、AというワードをBというワードは同じページにすべきか違うページにするべきかを調べる作業ということになります。

AというワードとBというワードの検索意図が同じかどうかは無料で調べることができます。

 

それが検索結果です。

具体的な方法はこちらの記事をご覧ください。

 

カニバリがないと予想されるワードの組合せ

「クレジットカード ランキング 女性」と「クレジットカード おすすめ 女性」を例に出してみます。

以前は、ドメイン単位で比べていますが、現在は、ページ単位で比較しています。

クレジットカード ランキング 女性

1 https://card-day.com/woman-card/
2 https://www.woshiru.com/creditcard/mokuteki/josei_osusume.html
3 https://kakaku.com/card/ranking/?cc_annual=1
4 https://financial.showcase-tv.com/osusume-creditcard-for-ladies/
5 https://cre-guide.com/compare/popular-cards-ranking.html
6 https://woman.mynavi.jp/article/150205-16/
7 https://diamond.jp/articles/-/74458
8 http://www.bossanovapgh.com/credit_ranking/ladies-credit-card-ranking/
9 https://creditcard-ninki.com/women-creditcard
10 https://kuchiran.jp/money/ladiescard.html

(2019年11月8日現在)

クレジットカード おすすめ 女性

1 https://www.woshiru.com/creditcard/mokuteki/josei_osusume.html
2 https://www.jcb.co.jp/ordercard/special/woman.html
3 https://webkikaku.co.jp/site/creditcard-capture/recommended/female-recommendation/
4 https://card-db.com/ladyiescard_db/
5 https://www.smbc-card.com/nyukai/magazine/recommend/amitie.jsp
6 https://card-day.com/woman-card/
7 https://hikakujoho.com/creditcard/selection/woman/
8 https://www.orico.co.jp/creditcard/fit/03.html
9 https://card-professor.jp/women-creditcard/
10 https://creditcard-ninpou.com/else/female

(2019年11月8日現在)

20%一致しています。

 

まずカニばる事はないでしょう。

今のSEOでは、別ページにして良い可能性が高いです。

 

ただし、「おすすめ」や「ランキング」のような検索意図がふわっとしたワードは常に変動していてなかなか検索結果が1つになりません。

こういう場合は、検索結果が違うからと言って、すぐに別ページというように安易に考えない方が良さそうですね。

 

カニバリがあると予想されるワードの組合せ

「商標+口コミ」と「商標+評判」の場合は、カニバリが起きやすいです。

ミュゼ 口コミ

1 https://musee-pla.com/voice/
2 https://minhyo.jp/musee
3 https://www.mwed.jp/hall/14501/rev/
4 https://en-hyouban.com/company/10200100722/
5 https://www.vorkers.com/company.php?m_id=a0C1000000tfgZ5
6 https://en-hyouban.com/company/10200100722/kuchikomi/
7 https://musee-navi9.com/
8  https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27056873/dtlrvwlst/?smp=1
9 https://jp.indeed.com/cmp/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%82%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%81%E3%83%8A%E3%83%A0/reviews
10 https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400106/40006451/dtlrvwlst/?smp=1

(2019年11月8日現在)

ミュゼ 評判

1 https://musee-pla.com/voice/
2 https://minhyo.jp/musee
3 https://www.mwed.jp/hall/14501/rev/
4 https://en-hyouban.com/company/10200100722/
5 https://www.weddingpark.net/0000146a/
6 https://en-hyouban.com/company/10200100722/kuchikomi/
7 https://nomad-saving.com/34882/
8 http://www.utahcampuscompact.org/meitetsuhyakkatenhonten/
9 https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131810/13005471/dtlrvwlst/?smp=1
10 https://www.vorkers.com/company.php?m_id=a0C1000000tfgZ5

(2019年11月8日現在)

60%一致しています。

 

非常にカニバリやすいです。

 

商標のように検索意図がはっきりしている場合は、60%一致していれば、SEO的には、「検索意図が同じ」とみなしても良いかと思います。

つまりこの場合は、1つのページで「口コミ」と「評判」の両方のコンテンツを作るのが正解となります。

 

まとめ

キーワードの検索意図を満たすコンテンツを考える前にまずは、検索結果が同じものを整理してみる事が重要です。

同じ検索結果が同じものは同じページにするとまずカニバリが起きません。

 

寺子屋式では、カニバリをキーワード段階で徹底的に排除しています。

正直、カニばってから対処するのでは無駄が多いですからね。

 

今回の記事は寺子屋式のカニバリ解消のあくまで1つの方法であり、実際にはもっとたくさんの方法があります。

カニバリ対策2以降は、寺子屋コンサルでご確認ください。

ご了承ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました