今は稼げなくなったSEOの手法

どうもアクセル先生です。

今のGoogleはトラフィック至上主義

SEOの全てにおいてトラフィックが、優先されると言っても過言ではありません。

 

以前は、1位を取ることが評価されていることもありました。

だから、3語、4語で細かいワードで1位をとりまくる戦略がうまくいきました。

 

誰でも上位表示できた時代です。

懐かしいです(遠い目)

 

どんなワードでも良いから1位を取ることでドメインが強くなったのですが、今は通用しません。

 

3語4語を狙うと稼げない理由

この手法の癖をGoogleに見破られたからだと思います。

それは、検索意図が同じワードをカニバリをおこすようにしたからです。

 

3語、4語は検索意図がリサーチすると実は同じものが多数あります。

Google的には、「同じ検索意図なら1つで良いよね?」というお話なんだろうと思います。

 

記事は、精査する時代なのです。

3語、4語で記事を書きまくる時代は終わったのです。

大量記事は悪です。

 

そもそも3語、4語というのは仮に1位をとってもトラフィックがほとんど稼げません。

ドメインが強いサイトの1ページにすら負けてしまいます。

トラフィック至上主義ですから。

 

検索意図の確認方法

いずれにしても検索意図が同じものは1ページしか作らないというのは基本です。

少なくとも今のGoogleは。

寺子屋でも徹底しています。

 

で、検索意図をどうやって判断するか?ってことなんですけど基本的には、タイトルタグだけです。

それも上位10サイトだけの。

 

以前は、20位まで見ていましたが、デメリットが多くなったので現在は、上位10サイトしか見ていません。

11位以下のデメリットは、上位10サイトと検索意図が違っていることが多いからです。

検索意図を正しく読み取って、それをコンテンツにするのが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました