商標キーワードで稼げるようになっても、ジャンルワードで稼げるようにならない理由

どうもアクセルです。

かつては、商標キーワードをメインでアフィリで月数10万円稼いでいたこともあります。

 

たまたま、中古ドメインで作ったサイトが大当たりして、某カニ通販の商標名で公式サイトより上に来ました。

それがきっかけで、そのカニ通販会社は、商標のリスティングを始めたらしいとの噂です。

本当にごめんなさい。

この場を借りてお詫びします。

 

 

商標キーワードが稼ぎやすい理由

検索意図が明確だから

商標キーワードが稼ぎやすい理由は、一言で言えば、ユーザーの検索意図が明確だからです。

時間軸で考えるとユーザー側で、検索行動をしてくれた上で、最後の一押しをしてもらうために検索するのが「商標キーワード」です。

サジェストとLPを見れば何を書くかわからない人は、まずいないと思います。

 

つまり、キーワードに対してのコンテンツがズレにくいキーワードなので稼ぎやすいという事です。

検索意図を大きく外すという事は初心者でも、まずないでしょう。

もしあったら、アフィリエイトのセンスないのでやめた方がいいかもしれません。

言ってみれば、上位表示さえできれば誰でも稼げるワードです。

企業のブランド化の努力を利用することができるから

それ以外の商標検索ワードは、TVCMや電車の広告などでいきなり商品名を知って、評判や口コミを知りたいというユーザーです。

完全に企業努力のおかげです。

言ってみれば他人のふんどしで戦っていることになります。

 

稼いでいるにも関わらず、アフィリエイターとしての実力は?です。

キーワード選定とライバルサイトとの差別化は、ほぼできていないという事ですから。

リサーチ力も大したことないです。

 

ちなみに、商標ワードの数サイトだけで、月100万も可能です。

そこで、評判や口コミがよければ、すぐに成約します。

 

上位表示が可能なら商標サイトはこれで十分です

寺子屋青汁が今なら送料無料キャンペーン

これで商標ワードは成約します。

(寺子屋青汁は実在の商品ではありません。)

 

商標キーワードで稼ぐデメリット

初心者アフィリエイターは、商標ワードで稼ぐのは、もちろんOKです。

寺子屋はジャンルワードと商標ワードを選ぶことができますが、初心者は商標ワードをおすすめしています。

ちなみに寺子屋式は、商標ワードと相性がばっちりです。

寺子屋式商標サイトの作り方
どうもアクセルです。 寺子屋コンサルでは、時間がない方や初心者の方は商標サイトでサイト作成をしてもらうことにしています。 (どうしてもジャンルサイトが良い場合は、ジャンルワードを選択してもらってかまいません。) 以前も少し

 

案件終了リスクや特単がでにくいというデメリットもありますが、自分が思う一番のデメリットは、やはり商標キーワードに慣れてしまうとアフィリエイターとしての腕が上がらない事だと思います。

広告主からしたら、やはり商標ではなく、ジャンルワードの集客をしてほしいというのが本音だと思います。

だから、ジャンルワードの上位表示して、成約している媒体には特単がでるという事なのだと思います。

 

そのジャンルのLPを複数見て、比較してコンテンツを考える事がとても重要だと考えています。

商標キーワードで稼いでしまうとなかなか難しいと思いますが。

 

 

まとめ

商標ワードで上位表示を狙うサイトは、他社の商品のリサーチが基本的には、不要です。

だから、ジャンルワードに比べてリサーチ時間が5分の1ぐらいで済みます。

 

でも、アフィリエイターとしての腕がそこまであがりません。

 

だから、寺子屋生には、商標であっても本来は必要のないライバル商品もリサーチしてもらっています。

寺子屋生が、いつか商標ワードを卒業して、ジャンルワードに移行したときに困らないように。

寺子屋式リサーチの仕方
どうもアクセルです。 アフィリエイトのリサーチってどんなことをやるんですか?って質問が多いので、書いてみます。 イチオシ商品のリサーチ 同ジャンルの商品を比較して決める サイト設計が終わるころには、狙うキーワ
     
寺子屋メルマガ登録フォーム

寺子屋メルマガに登録した方には、寺子屋式ミニサイトの失敗例を大公開します。メルマガ登録するだけですぐに見ることができます。



*お名前(英語名は不可)
*メールアドレス

 
アフィリエイト
専業アフィリエイター。デイリー100万円は未達。セミナー講師の実績は50回。寺子屋コンサル生100名突破。SEOアフィリ歴14年目。 2010年に脱サラして夫婦で起業。子供は3人。法人8期目のCEO。最新のSEOアフィリはメルマガで無料配信中→登録はコチラ
アクセルをフォローする
アクセルをフォローする
寺子屋SEOブログ

コメント