アフィリエイトで稼げるジャンル令和3年版

アフィリエイトはジャンルの選択を間違ったら稼げるようになりません。

どんなキーワードを狙うのか?は重要ですが、基本的に稼げている人はジャンルがほぼ同じです。

そこで、おすすめジャンルをいくつかピックアップしてみました。

脱毛ジャンル

年々、SEO的には難しい印象がありますが、市場としては、まだまだ伸びています。

脱毛サロンから医療脱毛に移行しているユーザーが多く、狙うべきワードも変わってきています。

成約するワードが多いため、今から参入しても全く問題なく稼げるようになります。

その他、家庭用脱毛器や除毛クリームなどサロンやクリニックに行きたくない人向けの商品もあります。

成約するワードが多いジャンルは今から始める人にとって重要な判断基準だと思います。

 

 

ニキビケアジャンル

ニキビに悩んでいる方は多くいます。

パーツごとにいろいろな商品があります。

顎ニキビ、おしりニキビなどがあります。

医薬部外品や有効成分が入っているものが多く、場合よっては効果・効能をうたえるものもあります。

ただ、成約するワードはそれほど多くなく、ある程度はSEOに自信がある人向きのジャンルです。

 

 

マッチングアプリジャンル

出会い系という名前を変えただけで爆伸びしたジャンルですw

名前を変えただけで一気にクリーンになったのでしょうか?

恋愛メディアとも相性が良いですし、このジャンルも成約するワードがたくさんあります。

年齢によってある程度の住みわけができているのでリサーチをしてコンテンツを作って行きましょう。

かなりニッチなワードでも成約する事がありますので、SEOが苦手な人にもお勧めできます。

 

転職サイトジャンル

転職サイトの場合は、無料で申し込めるのが当たり前なので価格の訴求は刺さりません。

また、ハローワークという公的な機関がライバルでもあります。

それなのに転職サイトに申し込む必要がある事を理解してもらう必要があります。

メリットのリサーチは徹底的にやりましょう。

ただし、意外と成約するワードは少なく、SEOが中級者以上のジャンルだと言えると思います。

 

VODジャンル

video on Demand(ビデオオンデマンド)の略、スマホやタブレッドなどで動画を視聴できるサービスです。

ネットフリックスやhulu、Amazonプライムなどがあります。

商標周りのキーワードを攻めるとかなりSEO的に厳しいですので違った攻め方が必要になります。

「作品名」「役者の名前」「声優名」「〇話」「主題歌」などキーワードは、無数にあります。

今後も増え続けるので、大量外注に向いているジャンルでもあります。

このジャンルは成約するキーワードが豊富にありますので初心者でもおすすめのジャンルの1つです。

 

まとめ

ニッチなジャンルではもしかしたらそのジャンルで一番になれるかもしれません。

しかし、市場規模が100倍違ったらニッチなジャンルの1位は、メジャージャンルの100位にすら売上で勝てないのです。

 

ニッチなジャンルを選んだ時点で、勝ち目がないという事なのです。

もし、とくにこだわりがなければ、このメルマガで紹介したジャンルに取り組むことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました