検索順位はトラフィック順

どうもアクセルです。

以前のメルマガでも言いましたが、今の検索順位はトラフィック順になっていることが多いです。

ドメインパワーなんていう曖昧な数値よりよっぽどわかりやすいです。

さすが、Google。

 

Ahrefsでリサーチしてみる

Ahrefsで上位表示しているサイトを上から順番にDRを見ていきます。

例えば、「商標A+口コミ」

1位:DR85(アットコスメ)

2位:DR85(アットコスメ)

3位:DR13

4位:DR91

5位:DR61(リップスコスメ)

6位:DR73(マイベスト)

7位:DR33

8位:DR89

9位:DR19

10位:DR9

ぱっと見ると3位を除けばDRが高い方が上位表示がしやすいように見えます。

しかし、実際は違うと思います。

上位表示しているトラフィックを見ていくと・・・

1位:615(アットコスメ)

2位:365(アットコスメ)

3位:283

4位:414

5位:269(リップスコスメ)

6位:95(マイベスト)

7位:34

8位:37

9位:30

10位:40

多少の誤差はあるもののトラフィック順に順位が決まっています。

「商標+口コミ」で上位表示しているのだからトラフィックが多くなるのは、当たり前って思う人もいるかと思います。

はたして本当にそうなのでしょうか?

本当に「商標+口コミ」のコンテンツが評価されたから「商標+口コミ」で上位表示されたのでしょうか?

別のコンテンツやワードが先に評価された可能性はないのでしょうか?

 

Ahrefsをライバルサイトの被リンク調査だけに使っているのは時代遅れです。

 

キーワード選定を間違えないように

ライバルがいないキーワードを狙うという人がいます。

確かに、実際に上位表示しやすいでしょう。

しかし、この手法が最悪なのは検索順位で1位をとってもほぼアクセスが来ないワードを選んでしまう可能性があることです。

SEOの目的が上位表示することになってしまっていますね・・・。

 

これでは、稼げるようになるわけありません。

 

この失敗をなくすためには、必ず検索されるワードでなおかつ成約するワードを選ぶことです。

そこで寺子屋式2では個別ページをすべて商標ページにしました。

商標ワードで上位表示してアクセスが来ないという事はまずありません。

念のため、サジェスト数は見ておけば完璧です。

 

また、この手法(寺子屋式2)は、個別ページで成約するのが基本なので、無理にトップページで何か大きなワードを狙う必要がありません。

あがったら嬉しいですけど、トップページが何かのワードで上位表示する必要性がないのです。

 

もし、それでもキーワード選定が不安ならぜひ、サイト診断コンサルを検討してくださいね。

寺子屋サイト診断コンサル(単発SEOコンサル)
アフィリサイトが上位表示するワードを見つける事がSEOの第一歩 次のような悩みがある方にサイト修正コンサルはおすすめです ・キーワードの選定がわからない方 ・タイトルの正しい付け方がわからない方 ・Hタグの設定の正しい付
     
【無料】寺子屋メルマガ登録フォーム

寺子屋メルマガに登録した方には、寺子屋式ミニサイトの失敗例を大公開します。メルマガ登録するだけですぐに見ることができます。



*お名前(英語名は不可)
*メールアドレス

【無料】サイト作成メールセミナー

 
SEO対策
法人9期目のCEO。夫婦で専業アフィリエイターをしながら、15年間続けているSEOアフィリエイトの手法を惜しげもなく教える「寺子屋式アフィリ」の先生です。寺子屋生は100名を突破!!最新のSEOアフィリ情報はメルマガで無料配信中→登録はコチラ
アクセルをフォローする
アクセルをフォローする
寺子屋SEOブログ

コメント