狙ったワードで上位表示できなかった時の修正方法

どうもアクセルです。

 

トップページで狙ったワード(メインワード)で上がらなかった時は、2つの選択を迫られます。

個別ページをさらに増やしていく

1つ目は、個別ページをガンガン追加&修正していくという方法です。

ただし、この方法はカニバリやすく記事を入れるとさらにトップページの順位が下がることが多々あります。

正直、今のGoogleでは闇雲に記事を1サイトで量産するのは現実的ではありません。

 

しかし、寺子屋式2はトップページと個別ページがカニばりません。

カニばらないけど、でも関連性はあるという最適な手法だと思います。

寺子屋の申し込みページ
1 寺子屋のコンセプト 寺子屋とは、SEOアフィリを通して、収入を増やす学びの場です。使い捨てではなく、継続的に作ったサイトからアフィリ報酬がえられる仕組みを作り、稼げるアフィリエイターを目指していただきます。 寺子屋卒業生の声

 

トップページのメインワードを変更する

もう1つは、トップページのワードを変更するという方法です。

 

あくまで例ですが、「脱毛」というワードを狙っていてダメだった・・

だから「脱毛サロン」に変更する!といったイメージです。

「脱毛」というワードを最初から狙う人はまずいないと思いますが・・・。

 

脱毛のサイト設計をするとわかるのですが、脱毛で上位表示させるにはカテゴリーが必要です。

少なくとも大き目のワードを狙う時は、カテゴリがないと不利です。

 

トップページと個別ページだけではまず上位表示できません。

残念ながらカテゴリーがない寺子屋式2の方法では絶対に「脱毛」で上位表示できません。

実際にサイトを作ってみればわかるはずです。

 

自分のなんとなくの感覚や有名な人が「脱毛であがるのは厳しい」と言っていたからを根拠にしてはダメです。

実体験こそSEOを強くします。

 

また、先ほどさらっと「脱毛」から「脱毛サロン」に変更すると言いましたが、これも実は、ルールがあるのです。

なぜ「脱毛クリニック」ではなく「脱毛サロン」なのか?

 

この辺りもやはりSEOアフィリエイトの面白さでもあり、難しさでもありますね。

クリニックではなくサロン。

 

こういった事を勘や経験ではなく1つ1つルール化したのが寺子屋コンサルです。

寺子屋の申し込みページ
1 寺子屋のコンセプト 寺子屋とは、SEOアフィリを通して、収入を増やす学びの場です。使い捨てではなく、継続的に作ったサイトからアフィリ報酬がえられる仕組みを作り、稼げるアフィリエイターを目指していただきます。 寺子屋卒業生の声
     


特典:狙ってアクセスを集めるためのサイト設計図
特典:これだけはやっちゃいけない!ミニサイト失敗例
特典:ジャンル選びとキーワードの選び方
特典:寺子屋式リサーチ方法
特典:最新SEO情報をリアルタイム配信



*お名前(英語名は不可)
*メールアドレス

 
SEO対策
起業10年目の社長。SEOアフィリ歴15年。月1000万円を達成後に燃え尽きて情熱をなくしましたが、SEOアフィリの手法を教える寺子屋で情熱を取り戻しました。寺子屋生は4年間で200人以上。
アクセルをフォローする
アクセルをフォローする
寺子屋SEOブログ/SEO対策とアフィリエイトの記事の書き方

コメント