サジェストキーワードだけでは間違ったサイトを作ってしまう理由




どうもアクセルです。

サイトの構造を考える上で重要なのがサジェストワードです。

脱毛サロンを例に考えてみます。

 

 

「脱毛サロン」のサジェスト

サジェスト数は638もあります。

これをどのようにグルーピングしていくか?というのがサイト設計になります。

寺子屋式サイト設計の仕方
どうもアクセルです。 最近はサイト設計について質問される機会が多いので、自分なりの考えを書いておこうと思います。 サイト設計をする理由は主に2つです。 SEO対策とサイト修正のためにやることです。 SEO

 

脱毛サロンを検索する人はいくつかの大きな悩みに分類することができます。

今回は、この中の料金に関する悩みについて考えてみます。

 

 

「脱毛サロン 安い」のサジェスト

脱毛サロンを上位表示されるために支えるワードの1つとして料金系ワードがあります。

サジェスト数は39です。

グルーピングしてみます。

・地域で安い脱毛サロンが知りたい(多数)

・部位別で安い脱毛サロンが知りたい

・ユーザーによって安い脱毛サロンが知りたい

などがあります。

 

さらに掘り下げてみましょう。

 

 

「安い 脱毛サロン 学生」のサジェスト

「脱毛サロン 安い」で上位表示されるために、支えるワードに「安い 脱毛サロン 学生」というキーワードがあります。

「安い 脱毛サロン 学生」でサジェストをみるとでてきません。

これでは、何を書いたらよいのかわからなくなってしまいます。

厳密には、データはあるのでしょうけど、グーグルが情報提供をしてくれません。

 

サジェストしか見ていない人は想像で書いてしまうと思います。

これが検索意図をはずし、上位表示できないサイトになってしまう原因なのです。

寺子屋式記事設計の仕方
どうもアクセルです。 サイト設計ができたら記事設計になります。 記事設計は、Googleドキュメント使っています。 今回はトップページの記事設計についてお話します。 サイト設計のおさらい サイト設計はこ

 

まとめ

脱毛で上位表示をするためには、脱毛のサジェストワードでのコンテンツが必要です。

さらに、サジェストワードの1つである「脱毛サロン 安い」で上位表示するためには、サジェストのサジェストのコンテンツが必要です。

しかし、サジェストのサジェストワードの1つである「安い 脱毛サロン 学生」に必要なサジェストは見ることができないので、コンテンツがわかりません。

ここはリサーチをして見つけていくしかありません。

寺子屋式リサーチの仕方
どうもアクセルです。 アフィリエイトのリサーチってどんなことをやるんですか?って質問が多いので、書いてみます。 商品(広告)のリサーチ ジャンルを決めたらまずやることが商品のリサーチだと思います。 当然ですが
     

コメント