寺子屋式のサイト設計の基本の5記事で上位表示できない場合




どうもアクセルです。

寺子屋式のサイト設計(物販アフィリエイト)は基本は、トップページの5記事で完成です。

 

サイト設計の方法はこちらをご覧ください。

寺子屋式サイト設計の仕方
どうもアクセルです。 最近はサイト設計について質問される機会が多いので、自分なりの考えを書いておこうと思います。 サイト設計をする理由は主に2つです。 SEO対策とサイト修正のためです。 SEO対策のため

 

 

スポンサーリンク




上位表示できない場合は、とりあえずサイト修正

上位表示に必要なサイト修正の3つのポイント
どうもアクセルです。 サイト修正には、2種類あります。 上位表示を狙うSEO的なサイト修正と成約率をアップするサイト修正です。 成約率アップは、マイクロコピーやしかしライティングに任せたいと思うのでw、今回は、SE

トップページと個別5記事で勝てないときは支えるページを追加する

このトップページと個別5記事(5つのペルソナ)でも上位表示できるワードもあるのですが、どうしてもサイト修正しても上位媒体に勝てない場合があります。

 

その場合は、個別5記事(5つのペルソナ)でGoogleからの評価が低いページを補強してやると良いです。

補強というのは具体的には、新規ページを追加するという事です。

 

その時の条件は、

・評価が低いページと同じペルソナ

・上位表示が簡単なキーワード

です。

 

もちろん、いくら上位表示が簡単でもアクセスがほとんどないようなワードを選んでしまっては意味がありません

どんなワードを選ぶかがキモです。

 

追加ページは、上位表示が簡単なワードを選んでいるはずなので、すぐにGoogleに良い評価をされます。

その後、本当に評価を良くしたいページに内部リンクします。

評価されるまで待ちましょう。

内部リンクは関連性の高いページにすると効果的ですが、同じペルソナなので関連性はばっちりです。

関連性が高いと内部リンクの効果は、高くなると考えています。

 

 

まとめ

いくら狙ったワードでサイト設計をしても個別ページの評価が悪ければ、トップページが狙ったワードで上位表示することはできません。

寺子屋式では、個別ページでもある程度、成約するようなワードを選ぶので、サイト修正(記事の追加なし)だけでは対応できない難しいワードである場合があります。

その場合は、全体のサイト設計を見直して、新規ページを追加することで個別ページの評価を高めることができます。

もちろん、どんなキーワードを選べばいいのかは、とても重要ですので、リサーチをじっくりして決めてくださいね。

     

コメント

  1. アラフィフ より:

    お世話になっております
    わかりやすく感謝します

    現在、キーワード選択、リサーチ中
    他サイトのワードを調べています

    他サイトのワードサーチをしていますと今まで見えなかった事が見えてきました

    もうリサーチを始めて1ヶ月なろうとしています 笑

    ありがとうございます感謝

    • axcel0901 より:

      そう言っていただけると嬉しく思います。

      同じワードを扱ってもリサーチ次第でいろいろなサイトが作れますし、よりユーザーさんよりのサイトが作れると思います。
      結果、Googleにも評価されると思いますので、ぜひ、実践してみてください。

      今後ともよろしくお願いします。