アフィリサイトのキーワード選びの3つのポイント




どうもアクセルです。

最近のGoogleの検索結果は、SEOのノウハウやスキル以前にキーワード選びがとても重要だと感じています。

自分は、既存サイトのメンテナンスをしながら、最低でも3か月に1回はそこそこ難しいキーワードを狙うためのサイトを新規ドメインで作っています。

 

新規参入のキーワード選びで気を付けている3つのポイントを解説していきます。

 

 

スポンサーリンク




楽天・Amazonが強すぎるワードは選ばない

残念ながら、今年に入ってからのGoogleのアップデートで楽天やAmazonがとても強くなってしまいました。

この現象が起きたときは、しばらく経てば戻るだろうと楽観的に考えていましたが、もう今は諦めています。

今の状況が、スタンダードになったというスタンスで動いています。

 

この現象は、Googleが楽天やAmazonを優遇しているというわけではなく、ある程度、ユーザーの検索意図を反映させているのだろうと考えています。

 

アフィリやSEOとは全く縁がない知り合いに雑談の中で

「楽天ポイントつくから楽天でなるべく買うことにしている。」

「2クリックで購入できるからamazonしか使わない。」

と言われましたから。

 

少なくとも20位まで、Amazon、楽天、公式サイトしかないキーワードは避けた方が無難だと思います。

 

 

キーワードプランナーを見ない

キーワードプランナーは、おおよその検索ボリュームがわかる便利なツールです。

しかし、アフィリエイトの成約率に検索ボリュームは比例していません。

つまり、検索ボリュームが大きいから稼げるキーワードであるとは限らないのです。

 

アフィリエイトで重要なのは、成約するワードで上位表示することです。

検索ボリュームを見る必要はありません。

 

そもそもキーワードプランナーを見て、検索ボリュームが大きいワードを上位表示できますか?

むしろSEO強者の戦略だと思います。

少なくともアフィリ初心者がやることではありません。

 

もちろん、寺子屋アフィリエイトコンサルでもキーワードプランナーは一切使いません

 

サジェストにあるものであれば、上位表示しても全くアクセスがないものって事はまずないのでご安心ください。

 

 

狙うワードと狙っているワードを変える

今の検索エンジンは、検索意図が同じキーワードは同じようなサイトを上位表示してくれます。

この特性を思いきり利用します。

 

つまり、狙うワードと検索意図が同じものを見つけ出し、その中でライバルが少ないワードをメインワードに選ぶわけです。

コンテンツは全く同じで、内的SEOでライバルが少ないワードに変えただけで、急に順位が上がったことは何度もあります。

 

寺子屋のスカイプでも良くするアドバイスです。

 

自ら上位表示が難しいワードで勝負しない方が良いと思います。

SEOは手段であって、アフィリ報酬発生させることが目的なのですから。

キーワードの検索意図を調べる方法
どうもアクセルです。 サイト作りをする上でヒントになるのが、サジェストキーワードです。 このサジェストキーワードの検索意図を間違えると、ユーザーは離脱し、報酬があがりません。 自分の知りたい情報ではないから当然ですよね。

 

 

まとめ

たしかにSEOのノウハウもライティングのスキルも大事です。

 

しかし、キーワード選定を間違えるとどんなに良いコンテンツであってもなかなか上位表示できません。

つまり戦う場所のリサーチこそ、今度もアフィリエイトで稼ぎ続けるためには必要なことだと思います。

もちろん、キーワード選定については、寺子屋アフィリエイトコンサルでもできる限り具体的に追加資料などで伝えています。

キーワード選びに失敗すると上位表示が難しい理由
どうもアクセルです。 こちらの記事でも書きましたが、3か月で上位表示して発生までもっていくのはいくつか条件があります。 なので、寺子屋アフィリエイトコンサルでは、こちらでリサーチをし、メインワードを決めさせてもらっていま
     

コメント