SEOに強いサイト修正ができない3つの理由




スポンサーリンク




サイト修正の方法ができない3つの理由

どうもアクセルです。

現在、個人や法人のコンサルをしていますが、多くの方はサイト修正の方法が分からないのだなという印象を受けます。

サイト修正の方法が分からないのは以下の原因が考えられます。

1、メインワードが明確に決まっていない
2、サイト設計ができていない
3、検索エンジンの相対的な評価について判断ができない

の3つです。

 

メインワードが明確に決まっていない

メインワードが明確に決まっていない場合は、メインワードを上位表示させるためにどのような施策を行うのか判断ができないため、サイト修正が難しくなります。

トップページ・それぞれの個別ページは、メインワードを明確に決めましょう!

メインワードが決定すれば、必要なコンテンツや優先順位の高い個別ページが判断できるはずです。

 

サイト設計ができていない

寺子屋式のサイト設計ができていないサイトは、似たようなページが複数見られることが多いため、パワーが分散してしまい、ワードを狙い撃ちすることが難しいです。

1サジェスト=1ページのような構成にすると、似たようなページが複数できてしまい、それぞれ内部リンクさせ関連ページを作ったとしても、検索エンジンはどのクエリをどのページで評価をすれば良いのか判断が難しくなるため、全体的に評価されにくいケースが多いです。

サイト設計ができているサイトは、それぞれのページは関連性が高いページとなりますが、同じテーマを扱うページはなく、それぞれのページで明確にメインワードを決定できるため、検索エンジンが混乱することもありません。

 

また、個別ページはそれぞれのテーマ(ペルソナ)に合わせているため、修正もシンプルです。

似たようなページが複数あるサイトでは、どのページをどのように修正すれば良いのか判断ができませんが、各テーマ別に厳選されたミニサイトなら、必要な箇所のみを修正することができます。

寺子屋式サイト設計の仕方
どうもアクセルです。 最近はサイト設計について質問される機会が多いので、自分なりの考えを書いておこうと思います。 サイト設計をする理由は主に2つです。 SEO対策とサイト修正のためです。 SEO対策のため

検索エンジンの相対的な評価について判断ができていない

検索エンジンは、評価基準をイレギュラーに変更しています。

検索エンジンの相対的な評価が判断できないと、検索エンジン任せの順位にしかなりません。

現在の検索エンジンは何をどのように評価しているのかは、実際の検索順位の変動を見ながら判断するしかありません。

検索エンジン任せではなく、検索エンジンの評価に合わせて、サイト修正を行っていけば、大きな変動などにも対応が可能です。

 

ライバルサイトと自サイトとの違いは、検索エンジンの相対的な評価を探るために重要な材料です。

ライバルサイトは自サイトと比べて何が優れているのか、どのような施策をすればライバルサイトに勝つことができるのかを判断できるようになりましょう。

 

 

寺子屋式ミニサイトの鍵となるもの

 

1、SEOに強いサイト設計
2、SEOに強いサイト設計を元にした記事設計
3、SEOに強いサイト設計を元にしたサイト修正

 

SEOに強いサイト設計は、何度かサイト設計をしていれば自然とできるようになります。

でも、記事設計やサイト修正は、ある程度の経験がなければ難しい部分が多いです。

 

寺子屋式ミニサイトは、試行錯誤しながら現在の形になりましたが、最初の頃は2ページ目くらいまで上がってもなかなか1ページ目に入らないというサイトが多く、狙ったワードで半数ぐらいは上位表示することはできませんでした。

なぜ当初は狙ったワードで1ページ目に入らなかったのかを検証すると、サイト修正ができていなかったからだと思います。

 

現在は寺子屋式で作ったミニサイトは、狙ったワードでほぼ100%上位表示できるようになりました。(あくまでミニサイト向けのワードです)

 

また、当初の目標だった「3ヶ月以内で狙ったで上位表示」を達成し、3ヶ月以内の収益化が可能になりました。

(こちらの画像はサプリセミナー当日のGRCです)

 

やはり、狙ったワードで上位表示するためのサイト修正はとても重要だと思います。

 

 

ミニサイトの検索順位の推移について

(こちらの画像は、サプリセミナー当日のGRCです)

 

寺子屋式ミニサイトは、サイト作成から収益化までのスケジュールが、たいていのジャンルであってもだいたい一致します

もちろんキーワード選びが適切である前提です。

 

サイト作成からどの程度で収益化できるのか予測ができることで、モチベーションの維持ができますし、目標金額に合わせて新規サイトを作ったり、先行投資を検討することができます。

 

寺子屋式ミニサイトは、サイト完成するとすぐに様々なクエリで順位が付き始めます。

サイト作成中の段階ですでに順位がつくことも多いです。

 

サイトが完成しフェッチをすることで、さらに早い段階で順位が付き始めます。

 

ねらったワードで3か月で上位表示

今までの経験上、サイト完成から2~3ヶ月後にミドルワード~ビッグワードで上位表示をしますが、この時は短期間で再び順位が下降することが多いです。

 

順位が大幅に上がった時に、どのようなワードで大幅に上がったのかを確認しながら、コンテンツ修正を集中的に行います。

4ヶ月目くらいには再びミドルワード~ビッグワードで上位表示され、今度は順位が安定してきて固定されます。

様々なジャンルで試してみましたが、だいたい同じような順位変動が見られ、4ヶ月目くらいにはミドルワードでの上位表示が可能となるケースが多いです。

 

さらに5~6ヶ月目くらいになると、順位変動の幅が小さくなり安定します。

ミニサイトは、上位表示され順位が安定するまでの6ヶ月間を1つのスパンと考えています。

 

ミニサイト程度の規模のサイトなら、1ヶ月で1サイト完成くらいのペースは可能になります。

このようなペースで新規サイトを作り続けることができれば、報酬は安定して伸び続けます。

このように、現在作っているサイトの今後の展開がある程度は予測ができるので、タイムスケジュールが立てやすいです。

 

 

まとめ

寺子屋式は、手順が難しく面倒な面も多いため向き不向きはあると思います。

でも、この面倒な作業をするということが、逆に参入障壁となり真似をされにくいというメリットでもあります。

今なら狙ったワードで上位表示できると自信もつきました。

 

アフィリエイトには様々な手法があり、どれもメリット・デメリットがあり、正解もありません。

自分に合った方法を見つけていくことになりますが、寺子屋式の考え方が少しでも参考になれば幸いです。

寺子屋アフィリエイトコンサル(寺子屋6期の募集ページ)
1月から始まる寺子屋6期のコンサル生を若干名追加募集しています コンサルの目的 寺子屋アフィリエイトコンサルは、3か月でSEOに強い寺子屋式ミニサイトを1から学ぶことを目的としています。 チャットワークやスカイプが
     

コメント